Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
野球その他

2016選抜高校野球2回戦が終わり東邦、大阪桐蔭、創志学園

2016選抜高校野球2回戦が終わり東邦、大阪桐蔭、創志学園、敦賀気比の注目ピッチャーが消える

f:id:atlantice358:20160327192102j:plain

 

2016選抜高校野球2回戦がすべて終わった。

優勝候補、投手として注目をされているチームが、

次々と消えていく波乱が起きている。

しかし、これが高校野球なのだ。

一発勝負だから、本命が勝つわけではない。

だから高校野球は面白い。

私も、個人的な感情で言えば、

応援していた東邦高校が負けてしまい淋しいが、

だからこそ、夏に期待をするし、

そこで勝ち上がってくれた時に、喜びがある。

これが人生だと思うし、

こういうことを高校野球から学べる楽しみがある。

藤嶋健人 投手(東邦)

一回戦では、1安打に抑えるピッチングで、

大人の投球をして、全国に1年時よりも成長した姿を見せた。

2回戦は、球にばらつきがあり痛打されてしまったが、

むしろ2回戦は、相手が最高のパフォーマンスをしたことを褒めるべきだと思う。

夏に向けて、低めの制球力に磨きがかかれば、そうそう打たれないはずである。

高山優希 投手(大阪桐蔭)

神宮大会で150キロを記録するなどスピードに注目されていたが、

甲子園では、腰の違和感があったためか、今一つであったと思われる。

しかし、サンスポーとしての潜在能力の高さを示してくれた投球であった。

同じ大阪府でありプロ注目の寺島成輝投手(履正社高校)と切磋琢磨をして、

夏に向けて頑張ってほしい。

高田萌生 投手(創志学園)

松坂2世と呼ばれ、150キロ右腕として注目を浴びていたが、

2回戦では5失点と振るわなかった。しかし、149キロを記録するなど、

潜在能力の高さを感じさせた。

低めに投げる投球ができれば、さらなる飛躍が期待できる。

山崎颯一郎 投手(敦賀気比)

大型右腕として注目された投手。

本日の試合は、中1日であったが、自己最速タイの144キロをマークした。

6回以降は完全投球だったが、あと一歩で追いつけず、敗戦。

準々決勝以降の個人的な見どころ

龍谷大平安と明石商の両投手の対決が楽しみである。

両投手とも安定しているので投げ合いが期待されるが、

疲れがどれだけ残っているかがカギになりそうである。

秀岳館の鍛治舎巧監督(元NHK解説者)の采配も目が離せない。

神宮大会を制している高松商も、安定しているので注目だ。

本日の名言

「日本には資金も機会も教育もありますが、夢がないと思いませんか?
私は、閉塞してしまっているこの社会に、
夢が現実可能だということを伝えたいのです。
日本人でもこんなことができるという実例を示したいのです。
ジパングはいわば夢追い人の集まりみたいなものです。」
by 松藤民輔(鉱山会社ジパングの創業者)