Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
≫世界一周にかかった費用は650万円を公開中
世界一周

地球上最も低い湖!?ヨルダンの死海に行って来ました!

【世界の絶景と名言】


「駅なんかできたら、
うちの近くに貧乏人がやってくるから
超イヤだという感覚が理解出来ない日本の人は、
本当に幸せな国に生まれてる。」

by ちきりん(社会派ブロガー)

 

f:id:atlantice358:20161226064307j:plain

地球上最も低い湖!?ヨルダンの死海に行って来ました!

世界一周22ヵ国目
ロシア→アイスランド→イギリス→マルタ共和国→ギリシャ→ハンガリー→クロアチア→モンテネグロ→ノルウェー→オーストリア→ドイツ→オランダ→ベルギー→フランス→スペイン→モナコ→イタリア→バチカン市国→プラハ→エジプト→モロッコ→ヨルダン

現在地はカタールのドーハ

 

ヨルダンは、勝手に暖かいイメージがありましたが、

夜は物凄く寒いです。

ユニクロのダウンを2枚重ねで着ていましたから。

でも死海は暖かったです。

そんな死海に行ってきた話です。

地球上最も低い湖!?ヨルダンの死海に行って来ました!

地球上最も低い海抜マイナス418mの湖だそうです。

海水の塩分濃度は約3パーセントで、

魚類の生存は確認されておらず

生物が住めない場所だから死海だそうです。

死海は、塩分濃度が高いため

水に入ると体が浮くことで有名です。

前日にコーダホテルで出会った方々は死海に行っているので、

私1人で行こうかと思ったのですが、

ショウコさんが付いて来てくれました。

優しい~☆

英語ペラペラだし、外国人に好かれるし、

最高に有難かった。

死海までの道のりは、

バスと乗り合いタクシーという少しややこしい道順です。

しかしラッキーなことに、

すべて順調に乗れたので、

アンマンから死海まで1時間ほどで到着しました。

今回は無料のビーチにしました。

時期も時期なので、誰もいない貸し切り状態です。

しばらく遊んでいると

青年と少年の現地の2人組の男性がやってきました。

この2人組の行動がおかしいので、

しばらく見ていると

何かを盗もうという雰囲気を感じました。

その為、泳ぐのはやめてしばらく待機。

その後、ショウコさんが泥バックをしていると

少年の方が泥を沢山あつめてくれるようになりました。

しばらくするとお金を要求してきました。

やはりお金目的での接近でしたね。

ここははっきりと断って終了。

その後、夕暮れの時に現地の方がたくさん遊びに来ていました。

もちろんショウコさんは人気者なので絡まれます。

最後はサンセットを見て、帰りました。

帰りは、タクシーかヒッチハイクの選択しかないので、

人生初のヒッチハイクにしました。

過去の旅人の情報を見ても、

簡単にヒッチハイクでアンマン市内まで帰れるとのこと。

ヒッチハイクを開始したら、

簡単に車が止まってくれました。

ただ、目的地が違ったり、お金を要求してくる人もいましたので、

30分ぐらいかかりました。

それでも早く見つけられたと思います。

ヒッチハイクで乗せてくれたおじさまは、

宿の近くまで送ってくれて、

さらに翌日の移動で使うバス乗り場まで教えてくれました。

ヨルダンの人、本当に優しいです。

改めて、情けは人の為ならずだなと思いましたね。

f:id:atlantice358:20161226063513j:plain
f:id:atlantice358:20161226063536j:plain
f:id:atlantice358:20161226063759j:plain
f:id:atlantice358:20161226063816j:plain
f:id:atlantice358:20161226063839j:plain
f:id:atlantice358:20161226063920j:plain
f:id:atlantice358:20161226063938j:plain
f:id:atlantice358:20161226064011j:plain
f:id:atlantice358:20161226064156j:plain
f:id:atlantice358:20161226064206j:plain
f:id:atlantice358:20161226064238j:plain
f:id:atlantice358:20161226064245j:plain
f:id:atlantice358:20161226064307j:plain
f:id:atlantice358:20161226064340j:plain