プロフィール

プロフィール①世界一周と2冊の本を出版した私の自己紹介①

プロフィール1

自己紹介

 

・Sei(セイ)

・愛知県在住

複業家(ブロガー、作家、会社員、投資家)

・日本一周・世界一周経験者

・野球&旅行&神社巡り好き

著書(商業出版)

 「やすらぎの絶景 いやしの名言」(リンダパブリッシャーズ)

 「野球の神様がぼくに勇気をくれた365日の言葉」(コスミック出版)

・お問い合わせ

 atlantice358[あっと]gmail.com

趣味

旅行 世界一周・日本一周経験あり 野球 元高校球児で高校野球好き 神社 神社巡り好きで熱田神宮によく出没する

学生時代

小学校 愛知県の田舎の小学校に通う。ソフトボールにはまり、地元の少年団でピッチャーとして活躍する 中学校 本気で勉強して学年上位に食い込んだことも。野球部では3番ピッチャーとして活躍 高校 野球部に所属して3番ピッチャーとして母校初の県大会に出場。人生で初めて彼女ができる。ちなみに野球部の1つ下のマネージャー。 大学 高校時代までの部活ばかりの反動から遊ぶ。スロットでお金を稼ぎ、合コン三昧。就活も適当にしてしまった。

社会人時代

 

社会人 専門商社の営業職として入社。ルート営業だが新規開拓が功を奏し、社内で毎月表彰される。 会社倒産 順風満帆な人生を歩んでいたがまさかの会社倒産。人生のどん底を経験する。 日本一周 倒産して悲しんでいても仕方ないと車で日本一周をする。ここで1人目のメンターと出会う。 師匠 2人目のメンターとすぐに出会い人生が激変して行く 転職 倒産の経験により、零細企業は危ないと思い大企業を狙うがすぐに決まらない。そんな中、世界的に有名な自動車メーカーに派遣社員として入社 独立 好きな事で生きて行こうと野球の家庭教師として独立。時々、バイトをしながら生活をする 実家戻る 家庭の事情により、名古屋から田舎の実家に戻る。事業もたたみ、ふたたび会社員に 出版 野球の家庭教師に未練があったので新たな形で好きなことを表現したいと思い本の出版を目指し夢が叶う 世界一周 ビジネスクラスを使い399日で51ヵ国の世界一周を達成する。同時に3社の出版社からオファーをもらう

今ココ!!

複業 作家、会社員、ライター、ブロガー、投資と複数の業種で生きていく事を決意 婚活 結婚願望が出てきたので婚活を開始する 家族 家庭を持つ。自分の事だけの人生から周りの幸せを考えられる人になる

 

Message

あなたの時間は限られている。だから、他の誰かの人生を生きて時間を無題にしてはいけない。世間の常識にとらわれてはいけない。それは他人の考えに従って生きることになるのだから。他人の意見に惑わされることなく、自分の内なる声をかき消したりすることないように、あなたの心と直感を信じる勇気をもつこと。どういうわけか、それは自分がなりたいものを知っている。 スティーブ・ジョブズメキシコ グランセノーテ

出典:やすらぎの絶景 いやしの名言(コスミック出版)

最も強い者や賢い者が生き延びるのではない。唯一生き残るのは、変化が出来る者である。 チャールズ・ダーウィン中国 上海
私たちはついつい、周りの人がみんなやっていることや、やるのが当然だと世間に思われていることを自分が手に入れたいモノだと勘違いしがちです。でもゴールを間違えたら、人生の時間もお金も無駄になってしまいます。ちきりんブルネイ スルターン・オマール・アリ・サイフディーン・モスク
仕事が全てという生き方をするつもりはなかったんです。でも結局、そうなってしまいました。ちょっとした妥協がいつのまにか普通になっていきます。もともと月曜の仕事に備えて、日曜の30分だけをメールやスケジュールの整理にあてていました。それが2時間になり、1日中になりました。徐々に日常が侵食され、何もかも仕事を呑み込まれていきました。 エリン・カラン(元リーマンブラザーズCFO)モルディブ リヒヴェリ
人生に挑戦するのに年齢なんて関係ない。そもそもこの世に時間などない。それは人間が勝手に作ったものだ。私は時計師だからそのことがよくわかる。 フランク・ミュラーミャンマー カックー遺跡

出典:やすらぎの絶景 いやしの名言(コスミック出版)

人間はいつも自分には長い人生が約束されていると思い込んでいる。考えてみればいい気なもんじゃないかね。死は突然おそってくるのに、人間はまだ時間があるという確信、というよりも幻想にすがって生きている。だから必要な決断をのばしのばしにしている。 マーク・フィッシャー タイ タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー

出典:やすらぎの絶景 いやしの名言(コスミック出版)

Just do it! とにかくやってみろボリビア ウユニ塩湖

 

実はプロフィールにはまだ続きがあります。

プロフィール2
プロフィール②世界一周と2冊の本を出版した私の自己紹介② 実はプロフィールの続きがまだあるのです。 今考えていることを より詳しく紹介するのがプロフィール2です。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です