Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
≫世界一周にかかった費用は650万円を公開中
世界のBESTランキング

【TABI RICHが選ぶ】世界一周中のトラブル・ベスト3

【世界の絶景と名言】


「陽気でいることが肉体と精神の最上の健康法である。」

by ジョルジュ・サンド(フランスの 女流作家)

 

f:id:atlantice358:20180603174014j:plain

 

世界一周51ヵ国
ロシア→アイスランド→イギリス→マルタ共和国→ギリシャ→ハンガリー→クロアチア→モンテネグロ→ノルウェー→オーストリア→ドイツ→オランダ→ベルギー→フランス→スペイン→モナコ→イタリア→バチカン市国→チェコ→エジプト→モロッコ→ヨルダン→カタール→アラブ首長国連邦→アルゼンチン→チリ→ボリビア→ペルー→メキシコ→アメリカ合衆国→オーストラリア→インドネシア→ニュージーランド→日本(一時帰国)→台湾→フィリピン→カンボジア→ベトナム→中国(マカオ)→中国→ミャンマー→タイ→ラオス→インド→トルコ→カザフスタン→ウズベキスタン→アゼルバイジャン→スリランカ→モルディブ→ブルネイ→マレーシア→シンガポール→日本

世界一周中のトラブル・ベスト3 マルタ 頼んでいたタクシーがこなくて飛行機に乗り遅れそうになる

短期留学を終えて

翌朝、寮から空港までは学校が手配してくれたタクシーが迎えに来る予定でした。

しかし時間になっても来ない。

来る感じがしなかったので、

とっさの判断で街でタクシーを拾い

空港まで行き間に合いました。

嫌な予感はしていましたが、

外国では時間になってもこないなんて、

あるあるのトラブルですね。

tabirich.net

世界一周中のトラブル・ベスト2 ペルー マチュピチュでの予約が間違っていた

マチュピチュ山

ワイナピチュ山に登りたかったので、

わざわざインターネットから高いお金を払い、

日本の会社で予約しました。

前日、バウチャーをもってスタッフがやって来たのですが、

内容を確認すると

ワイナピチュ山の予約ではなくてマチュピチュ山の予約になっていました。

日本人に人気なのはワイナピチュ山。

だからワイナピチュ山に登りたかったのですが、

もう変更が不可能だということで、

旅行会社から、値段を半額にしてもらいマチュピチュ山に行く事に。

残念な気持ちで登ったのですが、

何とこれが大、大、大絶景でした。

ワイナピチュ山よりも高いマチュピチュ山は

登るのがシンドイのですが、

ワイナピチュ山をも見下ろすことができる絶景だったのです。

塞翁が馬だと実感した時でしたね。

tabirich.net

世界一周中のトラブル・ベスト2 モロッコ 深夜のバスが雪山でストップ死にそうになる

2位は二つです。

モロッコのメルズーガからフェズに抜けるのに

夜行バスを利用しました。

12月の移動ですが雪が山で降るということで

出発できない日もあるのですが、

この日は問題なく出発したのでした。

しかし、途中で雪で通れない場所が出てきました。

ということで朝方まで待ってからの出発になるということだったのですが、

そのバスの中はエンジンストップの為、物凄く寒い。

しかもモロッコって熱いイメージだったので、

本当に凍死するかと思ったのです。

外に出て走って体を温めようとも思ったぐらいです。

世界一周中のトラブル・ベスト1 アメリカ レンタカーがパンク

レンタカーパンク

旅で一番、頭が真っ白になったトラブルが

レンタカーが山の中でパンクした時でした。

ヨセミテ国立公園に向かう為に車で山道を走っていたのですが、

私の不注意で

少し段差に乗り上げてしまいました。

その瞬間、車がガタガタと音が鳴り始め

降りてみるとタイヤが破裂していました。

スペアタイヤを探してみるも

本来ある場所に、

タイヤが入っていない。

終わった、どうしよう、電波も届かない山の中。

銃社会のアメリカなので、

変な人が来たらまずい、

いろいろなことが頭によぎりましたが、

幸いだったことが、

一人ではなく少し英語が話せる友人がいたこと、

山の中であったが3キロ先に宿が一軒だけあったこと。

そして宿の人が親切で、全て解決してくれたことも助かったし、

念の為に保険を全て入っていたので、

一銭もとられなかったこと。

こんな経験は二度としたくないと思いましたが、

やはり海外ではしっかりと保険に入っておくべきだと思いました。

そして困っている人を見かけたら、

親切にしようとより一層誓いましたね。

tabirich.net