Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
投資用語

【テクニカル分析】投資初心者の人生逆転!トレンド・オシレーター・フォーメーション・ローソク足・出来高分析・サイクル分析

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。

 

 

投資初心者のための投資用語を解説します。今回はテクニカル分析についてです

 

こんにちは! 投資家&複業家のSei(@tabirich358)です。

 

これから投資を始める人に向けた投資で大切な用語の解説していきたいと思います。今回はテクニカル分析についてです。テクニカル分析には沢山の種類があります。

大きく分けてトレンド分析・オシレーター分析・フォーメーション分析・ローソク足分析・出来高分析・サイクル分析です。ではさっそく見ていきましょう。

 

≫前回の記事:初心者は黙って覚えろ!基本チャートパターンについて

 

この記事を読むとわかること

・テクニカル分析について
・テクニカル分析の特徴表

 

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは

 

テクニカル分析は、世界的にファンダメンタルズ分析と並ぶ2大分析方法の1つになります。パソコン・スマートフォンの普及により、個人投資家の多くにも利用されるツールとなっています。

大きく分けてトレンド分析・オシレーター分析・フォーメーション分析・ローソク足分析・出来高分析・サイクル分析があります。

 

テクニカル分析が必要になる理由

テクニカル分析が必要になる理由は、株式投資だけではなく、為替や商品の取引でもチャート図が使われます。それは価格が上昇・下落・横ばい3つの動きのみになるからです。

この変化は、短期的にみるとランダムに動いているように見えても、徐々に切りあがっていれば上昇していると判断できますし、逆に切り下がっていれば下落していると判断できます。短期的にランダムに見えても長期的には変化していることがわかるのです。

 

テクニカル分析をしっかりとマスターすれば利益の拡大・損失を減らすことができるんだね

 

テクニカル分析の種類 トレンド分析・オシレーター分析・フォーメーション分析・ローソク足分析・出来高分析・サイクル分析・その他

それでは先ほど紹介したテクニカル分析の種類を見ていきます。トレンド分析・オシレーター分析・フォーメーション分析・ローソク足分析・出来高分析・サイクル分析・その他を紹介します。分析方法・テクニカル指標銘・分析法の概要を見ていきます。

 

分析手法 指標銘 概要
トレンド分析 移動平均線・モメンタム
MACD
ボリンジャーバンド
株価の方向
オシレーター分析 RSI・ストキャスティクス
RCI・MACD
売買の
タイミング
フォーメーション分析 ダブルトップ・トリプルトップ
ダブルボトム・トリプルボトム
三角持ち合い
天井や底や
今の状態
ローソク足分析 陽線・陰線・上ヒゲ・
下ヒゲ・十字足
陽線のコマ・陰線のコマ
明けの明星・宵の明星 etc
次の展開を
予測
出来高分析 出来高移動平均線
ボリュームレシオ
逆ウォッチ曲線
株価の天井
や底を予測
サイクル分析 ライトトランスレーション
レフトトランスレーション
コンドラチェフ・クズネッツ
シュグラー・キチンサイクル
高値や安値
をつける時期
を予測
その他 一目均衡表・ダウ理論・
ギャン理論・エリオット波動
ポイント&フィギュア
トレンドや
売買タイミング
株価の分析

 

テクニカル分析の活用には毎日株価をチェックする

テクニカル分析で用いられる株価は毎日変動します。株価をもとにつくられるトレンド分析・売買タイミング分析・フォーメーション分析は3種類ともに株価に連動しています。

毎日、株価を見ていると異変に気づくようになります。その理由は機関投資家と呼ばれる大口投資家やヘッジファンド、国内年金基金などの売買動向がチャートに現れるからです。

この動きがわかれば前もってリスク回避ができるのです。特に日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)、JPX日経インデックス400などの指数と呼ばれる市場全体の値動きを表す指標は顕著に現れるので要チェックです。

 

テクニカル分析で気をつける投資家の心理

テクニカル分析をする上で投資家が気をつける心理状態があります。これは要チェックですので注意しましょう。

人は塩漬け株にしたがるという傾向にあります。どういうことかというと、利益が出ている時にそのまま持ち続けるのはかなりの精神力が必要なので、利益を確保するために売る一方になります。

しかし損失が出ている場合は、我慢しようとする気持ちが勝ち、損失を抱えたまま保有し続けている人の方が圧倒的に多いのです。

 

・利益が出ている時にそのまま持ち続ける人は少なく利益を確保するために売る
・損失が出ている場合は、損失を抱えたまま保有し続けている人の方が圧倒的に多い

 

まとめ テクニカル分析で売買タイミングを見極める

テクニカル分析について簡単にまとめてきました。投資初心者の場合は、これぐらい初歩的なことから理解して行かないと挫折してしまいますからね。

場当たり的な感覚では投資の成果はでませんので、まずはしっかりとテクニカル分析を理解して、売買タイミングを覚えてしまいましょう。うまく売買タイミングをとらえることができるようになれば、利益の拡大・損失をを減らすことにつながります

まずはテクニカル分析、そしてファンダメンタルズ分析という流れが失敗を減らす近道になります。

 

 

お金に関しては無料の講座で学ぶのが非常におすすめです

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。