Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
野球ドラフト

【最新】2019年ドラフト注目の山田紘太郎 (西尾東高校)投手!183センチの長身からMAX140キロを投げるイケメン投手

こんにちは! 野球選手の名言研究家であり、野球の家庭教師&野球の本を出版したSei(@tabirich358)です。

 

2018年10月25日のドラフトが終わりました。甲子園で活躍した根尾選手、藤原選手、小園選手がドラフト1位の争奪戦となり盛り上がりましたね。そんな盛り上がりを見せた2018年のドラフトですが、次の年の注目選手が気になるのは僕だけでしょうか?

野球ファンならば、誰よりも早く来年の注目される選手の情報を知りたくなります。そこで今回、2019年の注目選手を紹介します。その選手は西尾東高校山田紘太郎選手です。

おそらく愛知県以外の人は聞いた事がない高校だと思います。私立高校が強い愛知県の中で公立高校ながら近年、大躍進を遂げている高校の投手になります。

 

それでは早速プロフィールから見ていきましょう。

 

【プロフィール】山田(西尾東高校)愛知県

【最新】2019年ドラフト注目の山田紘太郎 (西尾東高校)投手!183センチの長身からMAX140キロを投げるイケメン投手

参照 高校野球.com

 

  • 名前 山田 紘太郎(やまだ こうたろう)
  • 生年月日 2001年?月?日
  • 出身地 愛知県
  • 身長 183cm
  • 体重 73kg
  • ポジション 投手
  • 投打 右投げ右打ち

 

【特徴】183センチの長身からMAX140キロを投げるピッチャー

山田選手は、岩津中時代は軟式野球でプレーをしています。

その後、西尾東高校に進学後します。2年生の夏は、準々決勝で私立の豊橋中央高校に7対3、準決勝で私立の強豪の豊川高校に10対3で勝ちます。決勝戦は愛参大三河高校に1対3で惜しくも負けてしまい、甲子園出場とはなりませんでした。

愛産大三河高校戦では、途中から登板をしています。その映像は後ほど。

 

2年生の秋の大会では、西三河地方大会を順当に突破して、県大会では2回戦で夏の決勝で負けている愛産大三河高校に5対3で勝ちます。続く試合では、今大会の大本命と言われていた享栄高校に2対1で倒します。

この試合でコントロールが定まらない中、3回から落ちる球も有効に使い、見事立てなおしました。なお球速はMAX140キロを記録しています。享栄を倒した勢いのまま、私立の強豪の至学館高校戦で山田投手は連投します。

前日の疲れからか球がの勢いが落ちていると感じる中、140キロを記録します。結果3対1で勝ちます。あと1勝すれば東海大会に出場できるのですが、準決勝で東邦高校に14対3と完敗してしまいます(東邦高校は東海大会で優勝したチームです)。

 

3位決定戦は、中部大春日丘高校と対戦します。山田選手も本来の投球とはいかず、相手打線につかまります。球速もあまり出ておらず、両校とも乱打戦になり23対20で敗戦してしまい、東海大会進出とはなりませんでした。

しかしファンの間からは、東邦高校が東海大会で優勝したこと昨年の準優勝からも21世紀枠選ばれるのではと噂されています。

 

山田選手の特徴は、身長183センチからオーバーハンドで投げる角度あるストレートが持ち味です。MAX140キロを計測して、愛知県の中でも注目投手の1人として噂になりました。

投球はしなやかなフォームであり、右ひじをしっかりと上げていきながらリリースに入る感じです。今はまだ全国的には無名ですが、もう少し球速があがってくると一躍全国区になる可能性があります。一冬超えてからの成長が楽しみです。

 

山田紘太郎の特徴
  • 中学時代は軟式野球部に所属
  • MAX140キロ
  • 身長183センチ
  • 端正な顔立ちでイケメンと話題

 

同じ愛知県で、東海大会で優勝した東邦高校のドラフト注目選手である石川昂弥選手や集熊田任洋選手も一緒にどうぞ。

 

【最新】2019年ドラフト注目の石川昂弥(東邦高校)三塁手!プロ注目の大型内野手は右方向にもホームランが打てるパワー
【最新】2019年ドラフト注目の石川昂弥(東邦高校)三塁手!プロ注目の大型内野手は右方向にもホームランが打てるパワー【最新情報】2019年のドラフト会議で指名されるであろう東邦高校の石川昂弥選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。2019年の春の選抜も確実なものにして石川選手。背番号1を背負い投打で活躍ています。右方向にもホームランを打つことができる身長185センチの大型内野手は、ドラフトの目玉候補となること間違いないでしょう。...
【最新】2019年ドラフト注目の熊田任洋(東邦高校)遊撃手!走攻守で抜群のセンスを発揮する4番ショート
【最新】2019年ドラフト注目の熊田任洋(東邦高校)遊撃手!走攻守で抜群のセンスを発揮する4番ショート【最新情報】2019年のドラフト会議で指名されるであろう東邦高校の熊田任洋選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。2018年秋の東海大会を制覇した東邦高校は春のセンバツを確実なものにしました。石川選手の後を打つ4番打者として、選球眼の良さと巧みなバットコントロールで相手投手を翻弄します。さらに広い守備範囲と強肩で投手を助けます。春の甲子園での活躍が楽しみな選手です。...

 

【公式戦の成績】キレイな投球フォームとイケメン画像

山田選手のデータを取得次第、随時更新をしていきます。

キレイな投球フォームから投げられる速度はMAX140キロ。端正な顔立ちとすらりとしたモデル体型からイケメンと噂されています。

 

 

 

【映像】山田選手の実際の映像

山田選手の実際の映像です。キレイな投球フォームから伸びのあるストレートはまだまだ成長する可能性を感じさせてくれます。

 

 

»関連記事:プロ野球・大学野球・ドラフト情報はスカパー!で決まり

 

【エピソード】西尾東高校のOBに岩瀬仁基(元中日)がいる

山田選手にまつわるエピソードです。まだ少ないので随時、更新をしていきます。

 

西尾東高校で、切磋琢磨してきた1学年上のエース磯村選手に対してのコメントです。

「2017年夏、当時2年生だった磯村投手は、負けたら3年生を引退させてしまうという重圧を背負いながら、後に甲子園に出場することになる中京大中京高校の強力打線にもひるまず、立ち向かっていきました。

その重圧を背負いながら、僕が全く同じ状況で登板することになったら、あのような素晴らしいピッチングはできる自信がありません。普段からエースという自覚を持って、練習に取り組む姿や、試合で力投する姿を心から尊敬しています。

目の前に目標がいてくれたからこそ、自分自身も成長することができました。感謝してもしきれない存在です」

岩瀬仁基氏(元中日)は西尾東高校のOBで、夏の大会ではノーヒットノーランを達成している

寺沢監督は岩瀬氏の1学年後輩で、高校時代はレフトからその投球を見つめていた。3年夏の県大会でノーヒットノーランも達成した偉大な先輩を「黙々と努力する選手で投げる球もすごい。投げて打ってと素晴らしい選手でした」と

寺沢監督は振り返る。 選手たちには岩瀬イズムを説いた。「周りに流されずに、高い目標を持って毎日努力するんだ」。ストイックに練習に励んでいた岩瀬氏の姿を、積極的に話し込んでいるそうです。

190校近くある愛知県の高校の中で、公立高校ながら、2016年の夏の大会でベスト42018年の東愛知大会で準優勝、2018年秋の大会でベスト4など成績を残しているので2019年のセンバツで21世紀枠の可能性があるのではと巷で噂になっている。

 

【プロ野球選手に例えると】ソフトバンクホークスの千賀

山田選手をプロ野球選手に例えるとソフトバンクの千賀滉大選手です。いまやソフトバンクのエースとなり、WBCでも快投を演じるなど有名になった千賀選手ですが、元は育成ドラフトの4巡目指名を受けて入団している選手です。

この千賀選手のように高校生時代は無名なところと身長も3センチしか変わらない、投球フォームも似ているところ、そして千賀選手の地元の蒲郡市と西尾市が隣であるところから千賀選手に似ていると判断しました。

千賀選手のように高校時代はMAX140キロ前後の投手でも、プロの世界で、体感などしっかりと鍛えることでMAX150キロを超える速球が投げられるようになることは、山田選手にも希望を与えてくれます。

まだまだ伸びしろがある選手ですので、しっかり冬場のトレーニングをこなして、球速とコントロールをつけてほしいと思います。

 

※スカウト評価はまだ無いので随時更新をしていきます

 

【ドラフト指名予想】ソフトバンクホークスor中日ドラゴンズ

山田選手がプロ野球界から指名されるとすれば、千賀選手を育成ドラフトで指名したソフトバンクのスカウトか地元の中日ドラゴンズがマークしていると思われるので、この2球団の指名が、現状では可能性があるのかなと感じます。

とは言っても、まだ球速もコントロールも高校生の並みの上レベルという感じですので、しっかりとトレーニングを積んでもらえたらと思います。

 

»関連記事:プロ野球・大学野球・ドラフト情報はスカパー!で決まり

 

同じ愛知県で、東海大会で優勝した東邦高校のドラフト注目選手である石川昂弥選手や集熊田任洋選手も一緒にどうぞ。

 

【最新】2019年ドラフト注目の石川昂弥(東邦高校)三塁手!プロ注目の大型内野手は右方向にもホームランが打てるパワー
【最新】2019年ドラフト注目の石川昂弥(東邦高校)三塁手!プロ注目の大型内野手は右方向にもホームランが打てるパワー【最新情報】2019年のドラフト会議で指名されるであろう東邦高校の石川昂弥選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。2019年の春の選抜も確実なものにして石川選手。背番号1を背負い投打で活躍ています。右方向にもホームランを打つことができる身長185センチの大型内野手は、ドラフトの目玉候補となること間違いないでしょう。...
【最新】2019年ドラフト注目の熊田任洋(東邦高校)遊撃手!走攻守で抜群のセンスを発揮する4番ショート
【最新】2019年ドラフト注目の熊田任洋(東邦高校)遊撃手!走攻守で抜群のセンスを発揮する4番ショート【最新情報】2019年のドラフト会議で指名されるであろう東邦高校の熊田任洋選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。2018年秋の東海大会を制覇した東邦高校は春のセンバツを確実なものにしました。石川選手の後を打つ4番打者として、選球眼の良さと巧みなバットコントロールで相手投手を翻弄します。さらに広い守備範囲と強肩で投手を助けます。春の甲子園での活躍が楽しみな選手です。...

 

RELATED POST