Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
野球ドラフト

【最新】2019年ドラフト注目の熊田任洋(東邦高校)遊撃手!走攻守で抜群のセンスを発揮する4番ショート

こんにちは! 野球選手の名言研究家であり、野球の家庭教師&野球の本を出版したSei(@tabirich358)です。

 

2018年10月25日のドラフトが終わりました。甲子園で活躍した根尾選手、藤原選手、小園選手がドラフト1位の争奪戦となり盛り上がりましたね。そんな盛り上がりを見せた2018年のドラフトですが、次の年の注目選手が気になるのは僕だけでしょうか?

野球ファンならば、誰よりも早く来年の注目される選手の情報を知りたくなります。そこで今回、2019年の注目選手を紹介します。その選手は東邦高校熊田任洋選手です。

熊田選手と言えば、名門の東邦高校で1年生から試合に出るなど、走攻守が揃ったセンスあふれる選手です。

 

それでは早速プロフィールから見ていきましょう。

 

【プロフィール】熊田(東邦高校)愛知県

【最新】2019年ドラフト注目の熊田任洋(東邦高校)遊撃手!走攻守で抜群のセンスを発揮する4番ショート

参照 中日スポーツ

 

  • 名前 熊田 任洋(くまだ とうよう)
  • 生年月日 2001年4月15日
  • 出身地 岐阜県
  • 身長 174cm
  • 体重 72kg
  • ポジション 遊撃手
  • 投打 右投げ左打ち

 

【特徴】ショートで4番打者として秋の東海大会制覇に貢献

熊田選手は、中学時代は岐阜青山ボーイズに所属していました。ボーイズリーグ時代は、世界少年野球大会の日本代表メンバーにも選ばれています。

 

中学生の時に東邦高校の試合観戦(中日の藤島選手)に行き、東邦高校に入学を決めたそうです。入学後、1年夏は背番号14でベンチ入りをして、三塁を守るなど途中出場で活躍をします。

準決勝の栄徳高校戦では8番でスタメン出場し、三塁打も放つ活躍をしています。試合は1対4で負けてしまいました。この夏の県大会で14打数7安打3打点、打率500の実績を残しています。

1年秋の新チームからは1番ショートでプレーします。秋の大会では、 打線の火付け役として27安打3本塁打12打点打率458三振0という好成績を残しています。

 

東海大会の決勝の静岡高校戦では、右越え先頭打者弾、右中間スリーベースを記録していますが、チームは5対6で負けてしまいます。しかし準優勝ということでセンバツの切符を手にしました。

2年生の春の選抜で全国デビューを果たします。結果は、花巻東高校に対して3対5で敗れました。熊田選手は、1安打1失策と奮闘することができずに甲子園を後にします。

 

2年生の夏の大会は、準々決勝で愛知高校に13対1、準決勝で至学館高校に10対3と勝ち上がりますが、決勝の愛工大名電高校に4対9で敗れてしまいます。熊田選手は攻守で活躍しますが、甲子園まであと1歩のところでした。

2年生の秋の県大会は順当に勝ち上がり、準々決勝の栄徳高校戦で8対1、準決勝の西尾東高校戦で14対3、決勝の中京大中京高校戦に8対4と他を圧勝して愛知県1位通過をします。

 

2年生の秋の東海大会の初戦では、岐阜第一高校にを7対0の七回コールド勝ちします。準決勝の中京学院大学附属中京高校は、9回に5点差を追いつき、延長でサヨナラ勝ちをします。

この勢いて決勝戦に進み、津田学園高校と対戦をして1回に先制2塁打を放ち、7回にもダメ押しとなるレフトへ犠飛を放ち10対2で圧勝、見事、秋の東海大会を制覇して明治神宮大会行きが決定しました。この結果、東邦高校の甲子園行きは確定的となりました。

 

熊田選手の特徴は、守備範囲の広さ遠投100メートルの強肩、打撃はミート力選球眼の良さです。さらに50メートル6.0秒の俊足を持ち合わせており、来期のドラフト候補になる逸材と言われています。

守備力が高いために、もう一人のドラフト注目選手の石川選手を差し置いて、ショートを守る逸材です。

 

熊田任洋の特徴
  • 遠投100m
  • 50m6.0秒
  • 守備範囲がすごく広い
  • 選球眼がよく三振がほとんど無い
  • ドラフト候補石川選手の後の4番を打つ

 

同じ東邦高校のチームメイトで三遊間を一緒に守る来年のドラフト注目選手である石川昂弥選手の特集も一緒にどうぞ。

 

【最新】2019年ドラフト注目の石川昂弥(東邦高校)三塁手!プロ注目の大型内野手は右方向にもホームランが打てるパワー
【最新】2019年ドラフト注目の石川昂弥(東邦高校)三塁手!プロ注目の大型内野手は右方向にもホームランが打てるパワー【最新情報】2019年のドラフト会議で指名されるであろう東邦高校の石川昂弥選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。2019年の春の選抜も確実なものにして石川選手。背番号1を背負い投打で活躍ています。右方向にもホームランを打つことができる身長185センチの大型内野手は、ドラフトの目玉候補となること間違いないでしょう。...

 

【秋季公式戦の成績】1年生の秋に59打数27安打で三振が0という選球眼の良さ

熊田選手の甲子園出場は1年生の時になります。4打数1安打で1盗塁、打率250という成績で大活躍というわけにはいきませんでした。

1年生の秋の打率が4割5分8厘に3本塁打、2打点東海大会準優勝に貢献しました。また59打数で三振は0という数字が選球眼の良さを際立たせています。

2年生の秋の東海大会の成績も素晴らしく、岐阜第一が4打数3安打2打点、中京学院大中京高校が5打数1安打と結果を残しています(10月27日現在まで)。

※データを取得次第、更新していきます。

 

17年秋季公式戦の成績

バッティング
  • 打率 458
  • 安打 27
  • 本塁打 3
  • 打点 12
  • 盗塁 9
  • 三振 0

 

18年秋季東海大会の成績

バッティング
  • 打率 444
  • 安打 4
  • 本塁打 0
  • 打点 2
  • 盗塁 

※東海大会の準決勝までの成績です 随時更新

 

 

【映像】熊田選手の実際の映像

熊田選手の実際の映像です。左打者特有の外野シフトを敷かれますが、その間を破る打球で快足を飛ばして3塁まで行きます。

 

 

»関連記事:プロ野球・大学野球・ドラフト情報はスカパー!で決まり

 

【エピソード】プロ野球選手の関根(DeNA)より良い

熊田選手にまつわるエピソードです。まだ少ないので随時、更新をしていきます。

 

東邦の森田監督が関根大気(横浜DeNA)よりもいいと評価する

 

【プロ野球選手に例えると】小坂誠(元千葉ロッテ)

熊田選手をプロ野球選手に例えると千葉ロッテマリーンズで活躍した小坂誠氏です。小柄ながら抜群の守備力走力相手チームを翻弄しました。

とにかく守備が上手くて、堅実でもあり、守備範囲がものすごく広い。そして走力もあるのでどんなボールでも追いついてしまう感じです。熊田選手も、高校生レベルで言えば守備範囲も広く堅実なプレーをするので、願望も込めて選びました。

 

実際の小坂氏の映像はこちら。

 

※スカウト評価はまだ無いので随時更新をしていきます

 

【ドラフト指名予想】地元の中日ドラゴンズがマークか

熊田選手がプロ野球界から指名されるとすれば、まずは地元である中日がマークしている可能性があります。やはり地元の有望な選手の情報が入っているでしょうし、チームメイトの石川選手を観にスカウトの人が集まるので、アピールするチャンスもあります。

特別に中日ファンという事ではありませんが、根尾選手との岐阜の二遊間コンビというのも見てみたいですね。現状の力ではまだプロのレベルまでは到底届きませんが、大学、社会人経由でプロの世界でやっていける力を付けてもらえたらと思います。

まずは2019年の春の甲子園での活躍に注目しましょう。

 

»関連記事:プロ野球・大学野球・ドラフト情報はスカパー!で決まり

 

同じ東邦高校のチームメイトで三遊間を一緒に守る来年のドラフト注目選手である石川昂弥選手の特集、愛知県のライバル西尾東高校の山田紘太郎選手も一緒にどうぞ

【最新】2019年ドラフト注目の石川昂弥(東邦高校)三塁手!プロ注目の大型内野手は右方向にもホームランが打てるパワー
【最新】2019年ドラフト注目の石川昂弥(東邦高校)三塁手!プロ注目の大型内野手は右方向にもホームランが打てるパワー【最新情報】2019年のドラフト会議で指名されるであろう東邦高校の石川昂弥選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。2019年の春の選抜も確実なものにして石川選手。背番号1を背負い投打で活躍ています。右方向にもホームランを打つことができる身長185センチの大型内野手は、ドラフトの目玉候補となること間違いないでしょう。...
【最新】2019年ドラフト注目の山田紘太郎 (西尾東高校)投手!183センチの長身からMAX140キロを投げるイケメン投手
【最新】2019年ドラフト注目の山田紘太郎 (西尾東高校)投手!183センチの長身からMAX140キロを投げるイケメン投手【最新情報】2019年のドラフト会議で指名されそうな西尾東高校の山田紘太郎選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。山田選手は全国的には無名な選手ですが、元中日ドラゴンズの岩瀬氏が卒業した西尾東高校の選手です。身長183センチから投げ込むストレートはMAX140キロの速球で愛知県の中でも有名になりました。端正な顔立ちからもイケメンと噂されています。21世紀枠に選ばれる可能性も噂されているので、甲子園で見られる日が来るかもしれません。...
RELATED POST