Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
プロ野球

【動画3本】イチロー×トヨタ社長の対談が深イイ!豊田章男・小谷真生子・2018年ここだけの話!2019年の野球

こんにちは! 野球選手の名言研究家であり、野球の家庭教師&野球の本を出版したSei(@tabirich358)です。

 

2018年の年末対談でイチロー×豊田章男×小谷真生子のYoutubeで放送されました。世界のイチロー選手と世界のトヨタの社長の対談が深いです。考え方や物事の見方がものすごく勉強になります。全部で動画は3本です。是非、一度ご覧ください。

 

この記事を読むとわかること

・イチロー×豊田章男×小谷真生子のプロフィール
・イチロー×豊田章男×小谷真生子の動画

 

イチロー×豊田章男×小谷真生子 2018年

イチロー×豊田章男×小谷真生子 2018年

 

各々のプロフィールは詳しく書かなくてもご存知だと思いますので簡単に紹介。愛知県民としては、世界規模の2人が誇らしいですね。

 

名前 イチロー(鈴木一郎)
職業 メジャーリーガー
出身地 愛知県
生年月日 1973年10月22日(45歳)
身長 180.3 cm
体重 79.4 kg

名前 豊田章男
職業 トヨタ自動車社長
出身地 愛知県
生年月日 1956年5月3日(62歳)
学歴 慶應義塾大学法学部法律学科卒業・バブソン大学大学院修了

名前 小谷真生子
職業 フリーアナウンサー
出身地 大阪府
生年月日 1965年3月4日(53歳)
学歴 平安女学院短期大学英文科卒業

 

【名言】対談中のイチローの言葉 2019年は「まじか、こいつ」と言わせたい

チロー×豊田章男×小谷真生子の三人の動画の対談の一部を紹介します。深いですよ。

 

初動負荷理論を豊田章男社長にすすめて、社長は続けているとのこと。
イチロー「やりたいときにやればよい。筋トレと違って辛くない。やりたいという気持ちだけだから」

イチローが毎日、同じ食事、バットを使う理由は、
モノを変えて結果がかわってしまうとモノのせいにしてしまう。
大事な感覚は、同じ道具をつかっていていれば、何か不調を感じた時に気づけること。

モノや食べ物を変えるとちょっとした変化に気づけない。
むしろ、モノがいけないと思ってしまう

年齢という数字に縛られたくない。あるスポーツ選手と話をしたら、もう若い時のような記録はでないと思うと言っていた。なんで決めつけてしまうのか?

挑戦したらいいじゃん。僕なんて、この前驚いたけど、45歳になって打球の飛距離が
今までで一番飛んだ。みたことない飛距離を飛ばした。

このことからも研究者でいたい。研究者とは失敗をして何ができるかできないかがわかること。失敗がマイナスなことにはならない。むしろ発見できる

久しぶりに高校野球を観戦に行ったら、応援団にめちゃくちゃ感動した。
1回戦から応援に来てくれるのは有難いこと。

本気で勝ちたいと思えたチームは2006年と2009年のWBCの日本代表。プロが本気で負けたくないとプレーしてるから。

オリックス時代もそうだけど、プロの世界はライバルでもあるし、色々な諸事情がはいるから、純粋に勝ちたいという感覚とは違うと思う

マリナーズ時代(チーム低迷期)にプロは自分の為と言ってずいぶん叩かれました。今(レジェンド)はだれにも文句を言われないけど、当時は若かったので大変だった。

僕は、プロというのは個人がありチームが延長上にあると思っている。
でもマリナーズ時代にいろいろと言われて悩んだ。そんなときに、尊敬する王監督に聞いた。

「監督は現役時代どういう気持ちでプレーをしていたか?」
王監督は、「自分の為に決まっている」と答えた。しかも間髪入れずに応えてくれて
「おっ」と思えた。当時の巨人は9連覇している常勝軍団で同じ考えだった

イチロー選手の2019年の目標について

2019年の春に見てくれる人が「まじか、こいつと言わせたい」45歳現役で。

 

【動画3本】イチロー×豊田章男×小谷真生子

イチロー選手とトヨタ自動車の社長の豊田章男さん、小谷さんの対談です。いろいろと深いです。

 

 

 

 

まとめ イチロー×豊田章男×小谷真生子

この対談番組めちゃくちゃ面白いですよね。本当に利害関係なしという感じです。イチロー選手の愛車は日産ですからね。そして小谷さんが外車好き。そしてレース大好きの豊田社長。

内容も深いので勉強になりました。

 

 

≫おもしろい野球ブログ情報はこちら(ブログ村)