投資用語

【セリング・クライマックス】仮想通貨で何かが起こる!?セリクラ・株・FX・分析

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。

 

 

市場で急な暴落が起こることをセリングクライマックスといいます。通称セリクラ。どういうものか解説します

 

こんにちは! 投資家&複業家のSei(@tabirich358)です。

 

株式市場仮想通貨セリング・クライマックス(セリクラ)が起こりそうだと話題になることがありますね。そのセリクラって何かわかりますか?投資初心者には聞きなれない言葉ですよね。でもこのセリクラが起こると一気に相場が動くのですよ。

仮想通貨では何かが起こると関心が高まっているので要チェックです。さっそく解説をしていきます。

 

≫関連記事:【ボリンジャーバンド】株価の変動の大きさを確立から判断する

 

この記事を読むとわかること

・セリング・クライマックス(セリクラ)について
・セリクラはいつ?買うのはどのタイミング?

 

セリング・クライマックス(セリクラ)とは

セリング・クライマックス(セリクラ)とは

 

セリング・クライマックス(セリクラ)とは、相場の大きな調整局面で、投資家が総悲観状態や外部環境の急変などで起こる劇的な暴落のことになります。セリング=売りで、売りのクライマックスと言うことです。

過去には、ライブドアショック後の下落やリーマンショック後の下落でセリクラが見られました

 

リングクライマックスの基本

セリクラの基本は、急落・急騰・高出来高の3つが揃うことが条件になります。相場全体が悲観的になり、売る人がいなくなり急騰する、そしえホルダーが入れ替わり新しい相場が始まるという流れです。

2018年の仮想通貨が、まさしくセリクラが来るのではないかと噂をされているのです。

 

・相場全体が悲観的になる
・売る人がいなくなり急騰する
・ホルダーが入れ替わり新しい相場が始まる

 

セリング・クライマックスのチャートパターン

それではセリクラのチャートパターンを見てみましょう。こんな感じでズドーンと落ちて、ズドンと上がる感じになります。恐ろしいチャートですよね。一気に負けてしまいますし、このタイミングで買えたら一気に億り人という可能性も感じさせます。

 

セリング・クライマックスのチャートパターン

参照 マネフルFX

セリング・クライマックスのチャート

参照 まねぞう.com

 

セリング・クライマックスはいつ?

セリクラが来る日は誰にもわかりません。でも何故、仮想通貨で噂がされているのかというと色々なタイミングが重なり過ぎているので噂になっているのです。あくまで噂ですよ。結果は過ぎてみないとわかりませんからね。噂になりやすいのは下記のような感じです。

 

・仮想通貨の場合、そろそろ上がるのではとずっと噂されている
・仮想通貨事業所のメンテナンスがある
・仮想通貨事業所の会見がある

 

買いのタイミングはいつ?

買うとしたらどこで買えばいいのか?一番下の底値で買うことです。しかし素人は危険です。何故ならば、底値で掴んだつもりでいても、どんどんと下がっていってしまう可能性が高いからです。この判断を素人の感に頼るのは危険です。

 

まとめ 素人はセリクラがあるという事をまずは知ろう

投資初心者は、セリクラというものが存在するという事を知っておきましょう。こんな中で勝負を挑むとうのは、ドラクエ3でいうレベル1でゾーマを倒しに行くようなものです。確実にやられてしまいます。

またツイッターの情報をまともに信じるのではなく、疑ってかかる事が必要です。圧倒的に偽情報が多いので、自分で調べる癖をつけていきましょう。

 

 

お金に関しては無料の講座で学ぶのが非常におすすめです

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。