Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
投資用語

【MACD】投資を始めるのに大切な用語マックディー!初心者の人生逆転・株・仮想通貨・FX・分析

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。

 

 

投資初心者のための投資用語を解説します。今回はMACDについてです

 

こんにちは! 投資家&複業家のSei(@tabirich358)です。

 

前回に引き続き、これから投資を始める人に向けた投資で大切な用語の解説をしていきたいと思います。投資の知識を増やして少しでも勝てるようになりましょう。本日の内容はMACD(マックディー)です。

プロの投資家が大切だというMACDについて見ていきましょう。

 

≫前回の記事:RCIの基本的な意味はこちらこちら

 

この記事を読むとわかること

・MACDとは
・MACDの売買の仕方

 

MACD(マックディー)とは?Moving Average Convergence Divergenceの略

MACD(マックディー)とは?Moving Average Convergence Divergenceの略

 

MACD(マックディー)とは「Moving Average Convergence Divergence」の略になります。日本語で移動平均拡散収束トレーディング法とも呼ばれます。移動平均と文字の中に入っていますが、通常の移動平均ではなくて指数平滑移動平均を使うところがポイントです。

 

MACDは指数平滑移動平均

参照 仮想通貨サマリー

 

MACDは指数平滑移動平均を使うところがポイント

 

MACDとシグナルで売買タイミングを判断

MACDで売買タイミングの判断はシグナルを組み合わせてみるのが一般的です。シグナルとは、MACDを移動平均するか、もしくは指数平滑平均したものになります。

平均期間は9日間にしたものが一般的で、短すぎると売買回数が増えてしまい、だましも多くなり長すぎると売買タイミングが遅れるので適当なところを選ぶ必要があるのです。

MACDが下から上を抜いたら買い上から下を抜いたら売りというようにタイミングを決めます。

 

下から上に抜いたら買い

参照 仮想通貨サマリー

 

・下から上に抜いたら買い
・上から下に抜けたら売り

 

MACDの大事なところだね。下から上に抜けたら買い・上から下に抜けたら売りだよ

 

MACDの見本例

下記はMACDの見本例になります。こちらの買いサインと売りサインはこうなります。

 

【買いサイン】

① 先行するMACDが遅行する同平均を下から上に抜いた時
② ①の後に2本のMACDがともにゼロのラインを上回ると信頼が高い

【売りサイン】

① 先行するMACDが遅行する同平均を上から下に抜いた時
② ①の後に2本のMACDがともにゼロのラインを下回ると信頼が高い

 

2本のMACDがともにゼロのラインを下回ると信頼が

参照 株の達人

 

MACDの用語 ゴールデンクロスとデッドクロス

こちらの呼び名も覚えておきましょう。

 

買いシグナル

ゴールデンクロス=MACDがマイナス層(ゼロのライン以下)でMACDシグナルを下から上に交差

売りシグナル

デッドクロス=MACDがプラス層(ゼロのライン以上)でMACDシグナルを上から下に交差したとき

 

MACDの気をつけること 上下の動きが多いとダマしが多い

MACDの気をつける点として、株価が頻繁に上下する銘柄だとMACDとシグナルが頻繁にクロスしてダマしが多くなるのです。このダマシに引っかからないようにするには、他の指標も視野にいれて判断しなくてはならないのです

MACDが合わない銘柄や時期もあるということです。

 

MACDでダマシの判断がつかないときは他の指標と併用する

 

まとめ MACDと他の指標がわかれば勝率アップ

超簡単にMACDを解説してみました。MACDの基本を知っているだけで、チャートの見方を1つ覚えましたよね。このMACDを使いこなせるようになり、他の指標もわかるようになれば勝率はあがっていくのではないでしょうか。

次回も大切な投資用語を解説していきます。

 

 

お金に関しては無料の講座で学ぶのが非常におすすめです

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。