投資用語

【ボリンジャーバンド】株価の変動の大きさを確立から判断!投資初心者の人生逆転・株・仮想通貨・FX・分析

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。

 

 

投資初心者のための投資用語を解説します。今回はボリンジャーバンドについてです

 

こんにちは! 投資家&複業家のSei(@tabirich358)です。

 

前回に引き続き、これから投資を始める人に向けた投資で大切な用語の解説をしていきたいと思います。投資の知識を増やして少しでも勝てるようになりましょう。本日の内容はボリンジャーバンドです。

プロの投資家がテクニカル分析をしたければ、これを理解しておけというのがボリンジャーバンドです。さっそく見ていきましょう。

 

≫前回の記事:投資を始める人にとって大切なMACD(マックディー)

 

この記事を読むとわかること

・ボリンジャーバンドとは
・ボリンジャーバンドの売買のタイミング

 

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンド

 

ボリンジャーバンドとはジョン・ボリンジャーという人が考案したトレンド系のテクニカル指標になります。移動平均線の上下にバンド(帯状)に線を引くのが特徴です。

 

ボリンジャーバンド=移動平均線の上下に帯状に線を引くのが特徴

 

ボリンジャーバンド 標準偏差

ボリンジャーバンドは標準偏差という値を使って引きます。標準偏差は統計学で使われる用語です。沢山のデータがあるときに平均からどの程度ばらついているかを表すのに使います。

標準偏差が大きいほどデータのばらつきも大きいことになります。標準偏差は「σ(シグア)」という記号で表現します。

 

ボリンジャーバンド 標準偏差

参照 お金のキャンパス

 

ボリンジャーバンド 正規分布

沢山のデータがあるとき、その値の大きさで分類してグラフにすると平均に近いデータが多く、平均から離れるほどのデータの数が少なることが多いとされます。このようなデータ分布の理想的な形のことを正規分布と呼ぶのです。

データが正規分布している場合、平均-σから平均+σの間に全体の68%のデータが入り平均-2×σから平均+2×σの間に全体の95%のデータが入ることが知られています。

 

ボリンジャーバンド 正規分布

参照 Fx検証Lab

 

すごい確率だね。平均-2×σ〜平均+2×σの間に全体の95%のデータが入るんだよ

 

ボリンジャーバンドの描き方

株価は上がったり下がったりしますが、移動平均線が極端に離れることはあまりありません。移動平均線の近辺を動くことが多いものです。そこで株価と移動平均線との差は正規分布のようになるのではないかと考えるのがボリンジャーバンドなのです。

ボリンジャーバンドを描くとき移動平均線を求めてから、その平均期間の株価の標準偏差を求めます。そして移動平均±σや移動平均±2σのところなどに点を打ちます。この作業を毎日・毎週・毎月行い、点を結んでいくとボリンジャーバンドの出来上がりです。

日足や週足をもとに描くことが多いことで知られています。

 

ボリンジャーバンドの描き方

参照 Fx初心者入門

 

ボリンジャーバンドを覚えたら勝率が上がりそうだね。要チェック!

 

ボリンジャーバンドの見方を考える

ボリンジャーバンドの見方を考えましょう。データうち95%が平均-2σから平均+2σの範囲に収まります。逆に言えば平均-2σより小さいデータや平均+2σより大きいデータは5%しかないことを意味します。これはすごい発見ですよね。

 

株価が移動平均線-2σを超えて安くなることや移動平均線+2σを超えて高くなることは5%程度しか起こらないというように考えられる

 

ボリンジャーバンドの幅

ボリンジャーバンドの幅を見ます。株価の動きが激しいほど移動平均線からのばらつきが大きくなり標準偏差も大きくなるのでボリンジャーバンドの幅が広くなります。逆に株価の動きが穏やかになるとボリンジャーバンドの幅は狭くなります。

ボリンジャーバンドの幅が狭くなるとその後の株価が大きく動くことがよくあります。ボリンジャーバンドの幅が狭くなったら注目が必要です

 

ボリンジャーバンドの幅が狭くなるとその後の株価が大きく動く

 

ボリンジャーバンドの売買

ボリンジャーバンドでは株価が移動平均線の±2σを超えることは少ないということから、株価が移動平均線-2σを超えて下落したら買い、株価が移動平均線+2σを超えて上昇したら売りと考えます

もちろん株価が上昇しているときは、+2σの線に沿って株価が上昇することもあります。その逆もしかりです。

 

ボリンジャーバンドの売買

参照 Fx初心者入門

 

まとめ ボリンジャーバンドは利益確定時に使おう

プロの投資家がボリンジャーバンドを覚えなさいとよく言います。確かにこの基本的なことを知っていると知らないでは全然違いますね。空売りをしていて利益を確定するときに使うときや持っていた株を売って利益を確定させてたいときにボリンジャーバンドを使いたいですね。

 

 

お金に関しては無料の講座で学ぶのが非常におすすめです

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。