Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
投資用語

移動平均線と押し目が大事!投資初心者の人生逆転・株・仮想通貨・FX・分析

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。

 

 

投資初心者のための投資用語を解説します。今回は移動平均線と押し目についてです。これを知っているだけでもだいぶ違うよ

 

こんにちは! 投資家&複業家のSei(@tabirich358)です。

 

これから投資を始める人に向けた投資で大切な用語の解説していきたいと思います。今回は移動平均線押し目についてです。基本中の基本なのでしっかりと理解しましょう。ではさっそく行きます。

 

≫前回の記事:酒田五法の基本的な考え方はこちら

 

この記事を読むとわかること

・移動平均線と押し目について

 

移動平均線について

移動平均線について

 

チャートを見ていると1本1本のローソク足であらわされる株価の動きに加えて、なだらかな曲線が描かれています。これが移動平均線になります。一定の期間の株価を平均化して線にしたものになります。

25日線ならば過去25日線の終値の平均を求めます。それを繰り返し線のグラフにしていくのです。ローソク足が一定期間の株価の動きを読み取るのに対し、移動平均線はおおまかな株価の動きをつかみます

 

移動平均線はおおまかな株価の動きをつかめる

 

移動平均線の種類

移動平均線には、60分の超短期線5日線・25日線などの短期線13週線・26週線などの中期線52週線などの長期戦があります。

もちろん短期線は短期投資に向いており、長期線は長期投資に向いています。デイトレーダーは60分線を使います。

 

超短期線=60分線
短期線=5日線・25日線

中期線=13週線・26週線
長期戦=52週線

 

移動平均線でわかること

移動平均線は上昇トレンドのときに上に向かい、下降トレンドのときは、下に向かいます。株価が現在どのようなトレンドなのかを教えてくれます

上昇トレンドのときは、株価は移動平均線の上にあることが多く、移動平均線と株価の位置関係によって、上げ過ぎか下げ過ぎが予測できるようになります。

 

日曜2限の株式講座

参照 日曜2限の株式講座

 

移動平均線と株価の位置関係によって上げ過ぎか下げ過ぎが予測できる

 

上昇トレンド時は押し目を狙う

押し目とは、上昇トレンド時に株価が一時的に下がったところのこと言います。上昇トレンド時は利益確定で売りが増えるから株価は一時的に下がります。しかし一方で買いたい人も多いので少し下がると買いの注文が入り株価が反発することが多いのです。

 

上昇トレンド時は押し目を狙う

参照 KABUZEN

 

・上昇トレンド時は利益確定で売りが増えるから株価は一時的に下がる
・一方で買いたい人も多いので少し下がると買いの注文が入り株価が反発することが多い

 

まとめ 移動平均線と押し目を知るだけでも全然違う

株初心者がやりがちな事は、感を頼りに上がるか下がるの一か八かの賭けをすることです。この移動平均線と押し目を知っているだけでも、買って良い時なのか悪い時なのかの判断がつきます

これから投資を始めようとする方は、少しでも多くの知識を取り入れて、自分にあった手法を見つけましょう。

 

 

お金に関しては無料の講座で学ぶのが非常におすすめです

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。