Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
投資用語

【投資初心者入門】株価の動くパターン26個をマスターする!グランビルの法則・ゴールデンクロス・移動平均線など

株初心者だからもっと株について教えてほしいです
OK!今回は、株価の動くパターン26個を解説していくね

 

≫【ブログ村】投資情報・有名な投資ブロガーはこちら

 

こんにちは! 投資家のSei(@tabirich358)です。

 

「株価が動く方向がわかったら、負けなくてすむのになー」

と、投資を始めたばかりは思いますよね。何故か、自分が買うと株価が下がってしまうというのが投資初心者にあるあるなことです。

今回は投信の初心者向け株価の動くパターン26個を紹介していきます。

 

この記事を読むとわかること

・株価の動くパターン26個をマスターする

 

 【投資初心者入門】 株価の動くパターン 26個をマスターする グランビルの法則 ゴールデンクロス 移動平均線

 

株価の動くパターン26個をマスターする!グランビルの法則・ゴールデンクロス・移動平均線

株を初心者の人は、本が沢山出ていますが下記がおすすめです。初心者の人は、この本がわかりやすいのでチェックしてみてください。

「世界一やさしい株の教科書1年生 再入門にも最適!」です。

 

 

「世界一やさしい株の教科書1年生 練習帖」

 

 

それでは、ポイントとなるところを書いていきますので参考にしてください。

 

1、移動平均線の動きを覚える

移動平均線は日々の株価なら5日と25日、週ごとなら13週と26週が基本となります。その場合の株価は、終値を基準とするのが一般的です

 

2、移動平均線の長所と短所

【長所】相場のトレンドがわかる。目先の株価にとらわれずに、相場の大局が読み取れる

【短所】値動きとの間にズレがあるため、ときにはだましにあうことがあるので注意。ローソク足と合わせて読むのが効果的

 

3、2種類の移動平均線を使いこなす

【短期移動平均線】日足は5日移動平均線、週足は13週移動平均線を使う。株価の動きが忠実に描かれている

【長期移動平均線】日足は25日や75日移動平均線。週足は26週移動平均線を使う。実際の株価に比べて遅れて描かれている

 

4、移動平均線で相場のトレンドを理解する

短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に突き抜けることをゴールデンクロスといい、強気相場を知らせています

一方、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に突き抜けることをデッドクロスといい、弱気相場を知らせています

 

5、強いゴールデンクロス

短期移動平均線が、上昇中の長期移動平均線を鋭く上に突き抜け、株価が長期のそれよりも上にあるときの相場は強い。このタイプは、目先の天井付近で現れることもあるので注意が必要

 

6、比較的に強いゴールデンクロス

短期移動平均線が長期移動平均線を比較的鋭く下から上に突き抜け、さらに株価も上にあれば、相場の先高期待が強い

 

7、安心できるゴールデンクロス

短期移動平均線が長期移動平均線をなだらかに上に突き抜け、株価も上にあれば、その時点で買っても利食いチャンスは充分にある

 

8、信頼度が低いゴールデンクロス

短期移動平均線がほぼ横ばいの長期移動平均線をわずかに上回ってきても、上値はさほど期待できないので注意が必要

 

9、先行き注意なゴールデンクロス

ゴールデンクロスでも長期移動平均線が下向き傾向であれば、その後の株価の上昇は一時的であり、買いシグナルではありません

 

10、グランビルの法則をマスターする

株価と移動平均線は、離れすぎると近づき、近づきすぎると離れるという性質があります。これを応用したものがグランビルの法則と言います

 

11、グランビルの法則の買いシグナル1

長期間下向きだった移動平均線が復調し始め、株価が移動平均線を抜いていたときは、強い買いシグナルになる

 

12、グランビルの法則の買いシグナル2

移動平均線が上向き基調にあり、かつ株価が移動平均線を下回ったときは、反転上昇を確認してから、押し目買いをするのが鉄則

 

13、グランビルの法則の買いシグナル3

株価が移動平均線との乖離が大きくなって反発したとしても、上昇中の移動平均線と交差はしないまま反騰すれば、買いシグナルになります

 

14、グランビルの法則の買いシグナル4

移動平均線が下向き基調に転じても、株価が著しく移動平均線よりマイナスに乖離していなければ、自律反発の可能性が高いので買いとなる

 

15、グランビルの法則の売りシグナル1

株価が移動平均線から著しくプラスに乖離しているときは、売りシグナルと心得てください

 

16、グランビルの法則の売りシグナル2

株価が上昇基調から下落基調に転じて、移動平均線を下回るときは、売りが基本。利益確定をする

 

17、グランビルの法則の売りシグナル3

株価が下降中の移動平均線を上回っても、トレンドの反転が見込めないときは売りが原則

 

18、グランビルの法則の売りシグナル4

株価が下降トレンドにあるのに移動平均線を上回れば、再度、下降し始めたら売り

 

19、出来高の増減に注意する

3回の高値挑戦と2度の下押し。株価がネックラインを下回ると下落基調になります

 

20、ネックライン突破時に出来高が急増

3回の下値模索と2度の反発。株価がネックラインを上回ると上昇基調に転じる

 

21、株価がネックラインを下回ると相場は下落

ほぼ同水準の2回のトップと1回のボトムで形作られる。ネックラインを超えると売り

 

22、株価がネックラインを上回ると相場は上昇

ほぼ同水準の2回のボトムと1回のトップで形作られる。ネックラインを超えると買いとなる

 

23、逆V字型を描いたら逃げるが勝ち

小型銘柄や浮動株の少ない銘柄、信用取引ができない一方通行の銘柄は迅速な対応が必要

 

24、出来高が急増する大底で決心

株価がV字型を描くときは、大底で出来高が急増する傾向がある。その後、出来高は低く推移する

 

25、トップ型の注目点は天井圏の揉みあい

ソーサー型トップは、高値圏で比較的長い間揉みあうのが特徴。その後は出来高を減らしながら下落する

 

26、ボトム型の注目点は底値圏でのもみ合い

ソーサー型ボトムは底値圏で比較的長い間揉み合うのが特徴。その後は出来高を増やして反転上昇する

 

まとめ 目盛りの取り方に注意する

チャートを見ていても、値動きがあまりないように見えても、激しく動いているものもあります。グラフ化するときの目盛り取り方で、まったく違うチャートに見えることがありますので、錯覚を起こさないよう、株価自体もしっかりと把握して売買のポイントを検討しましょう。

 

【投資初心者入門】 チャート(罫線)の基本 ローソク足から株価を読む 8つの方法 株・FX・仮想通貨
【投資初心者入門】チャート(罫線)の基本であるローソク足から株価を読む8つの方法!株・FX・仮想通貨「株を始めたけど、正直、上がるのか下がるのか全く予想がつかない。何から覚えたらいいだんろう」と、投資を始めたばかりの人に訪れる悩みがありますよね。今回は、チャート(罫線)の基本であるローソク足から株価を読む8つのやり方を紹介していきます。ポイントは、日足は株価チャートの基本、日足は短期の動きを見るのに最適、デイトレードで大切な5分足と日足、ローソクを使い分ける、寄引同時線、寄引同時線と株価の動きを確認する、陽線の位置と値動きの関係を把握、陰線の位置と値動きの関係を把握です。個別銘柄に目がいきがちなチャート分析ですが、大局を見極めることが大切です。日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)のローソク足の確認も必要ですので必ず確認しましょう。...
【投資初心者入門】 チャートの買い  パターン25選 逆三尊・明けの明星 十字線・三空・三兵etc
【投資初心者入門】株価チャートの買いパターン25選!逆三尊・明けの明星・十字線・三空・三兵・チャートの買いパターンがわかったら良いのになーと思うことってありませんか?投資を始めたばかりの時は、ついつい自分の感だけに頼りがちです。それだとビギナーズラックで勝てても長くは続きませんよね。そこで今回はチャートの買いパターンを25個、紹介します。安値圏の三兵は大幅上昇の初期段階、安値圏での長い下ヒゲ陽線は信頼度が高い、逆襲の陽線で買いの安心感が増す、陽のはらみ線で新しい相場の誕生が近い、底値圏での捨て子線は反発への期待、明けの明星を見つけたら夜明けは間近、陽のつつみ線は強力な買い方が出現した証、連続した大陽線は意外と回復が早い、三空叩き込みは買い向かえだ、上昇相場の差し込み線は値が軽くなる、連続下げ放れの三つ星は買いの好機、中断の三つ星は株価が上昇する前兆、中断の穴埋めは本格上昇の第一歩、揉み合い後の陽の並び線は買い方に軍配、たすき線のあとは逆向かいがおすすめ、上昇途中の同事線やコマは急騰の期待、かぶせを跳ねのける買い方の勢いを評価する、安値で逆三尊型は大底形成の証、2度の底うかがいで反発の機運が高まる、急騰後の保ちあいは再上昇への冷却期間、上昇トレンドの保ちあいは買い、上昇三角形は出来高を伴うと上昇期間が長い、上昇フラッグ型は上値、下値ともに切り下がる、下降ウェッジ型は買いの勢力が強い証拠、上昇ペナント型は再上昇の始まりです。この25パターンを覚えてしまいましょう。...
【投資初心者入門】 チャートの売り パターン24選 三尊・三空・三羽ガラス 上放れ陰線・上放れ十字線 下放れ三手・下げ三法
【投資初心者入門】株価チャートの売りパターン24選!三尊・三羽ガラス・上放れ陰線・三空・上放れ十字線・下放れ三手・下げ三法どんな時に株を売った方がいいのか知りたい、今回は、売りパターン24個をを紹介します。株価チャート売りパターンのポイントとなるところを書いていきますので参考にしてください。上値の限界点上ヒゲを見る、団子天井は売り有利、天井圏の三羽ガラスは不吉な相場の前兆、高値圏の上放れ陰線は下げのシグナル、上放れ陰線が3本なら売り場を探すのが賢明、高値圏のはらみ線はまず利食い、三空踏み上げは売りに向かえのサイン、高値圏の上放れ十字線で迷ったら利益確定、つたい線の打ち返しで基調を核に、下落局面の窓開けは窓埋めまでが限界、下落時の差し込み線で上値はいっそう重たくなる、下放れ三手は買い方を巻き込んで下落、下げ三法は買い勢力の弱さを物語っている、たすき線はローソク足の方向に逆行する、下落相場の化け線は下げをいっそう加速する、下げの三つ星で再下落する、下放れ黒2本は空売りの好機、三尊型のトレンドの転換を見極める、二点天井を付けたあとの陰線に注意、下降三角型では必ず下放れを確認する、下降ペナント型で下落基調は継続する、過去フラッグ型は上値・下値ともに切りあがる、対象三角形は次の相場展開に要注意、コイル型は上下どちらかに大きく振れるです。株式投資において業績や市場環境やチャート面の分析は大切ですが、同時に需給関係も注視しておくことが必要です。...

 

≫【ブログ村】投資情報・有名な投資ブロガーの情報はこちらから

 

お金に関しては無料の講座で学ぶのが非常におすすめです

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。