Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
高校野球

2018年ドラフト注目の勝又温史 (日大鶴ヶ丘)!熱中症を乗り越えたMAX152キロ右腕の指名球団は?

こんにちは! 野球選手の名言研究家であり、野球の家庭教師&野球の本を出版したSei(@tabirich358)です。

 

2018年夏の高校野球も終わり、10月25日のドラフトまであと少しですね。甲子園で活躍した選手、地元で頑張っていた選手がどこの球団に指名されるのか気になっているのは僕だけでしょうか?

野球ファンならば、応援していた選手がどこの球団に行くのか気になりますよね。そこで今回、日大鶴ヶ丘高校勝又温史選手を紹介します。

 

それでは早速プロフィールから見ていきましょう。

 

【プロフィール】勝又温史 (日大鶴ヶ丘)

2018年ドラフト注目の勝又温史 (日大鶴ヶ丘)!熱中症を乗り越えたMAX152キロ右腕の指名球団は?

参照 高校野球ドットコム

 

  • 名前 勝又 温史(かつまた あつし)
  • 生年月日 2000年5月20日
  • 出身地 東京都
  • 身長 180cm
  • 体重 76kg
  • ポジション 投手
  • 投打 右投げ左打ち

 

【特徴】勝又温史選手は関東を代表する二刀流

中学時代は狛江ボーイズに所属。1、2年生の頃は外野手兼キャッチャーとしてプレーをして中学3年生から投手になりました。

 

高校生になると1年夏から控え投手としてベンチ入り、西東京大会で4試合中3試合にリリーフとして登板して、4回1/3イニングで2安打2失点と言う成績を残しています。1年秋には打撃を買われ5番ファーストでレギュラーを獲得します。

2年生夏の西東京都大会は、5番ライトと投手で出場します。打っては11打数5安打、打率455の活躍を見せ、投げても2回戦で都立日野台戦で先発し自己最速の147キロのストレートで6回途中3安打無失点で抑えています。

2年秋の東京都大会では、エースとして登板しますが、早稲田実業高校に4対10で敗れてしまいます。

 

3年春には背番号10番を背負います。都大会2回戦ではプロ11球団が視察するなど注目をあびます。 5月に行われた桐光学園高校との練習試合では、自己最速の152キロを叩き出します。

3年夏の西大会は日大三高校相手に10三振を奪いますが、3対5のサヨナラ負けで惜しくも甲子園出場を逃し、 西東京大会で6戦25回で17失点と打たれながらも25Kを奪いました。

打撃も5番で打率458本1点10と活躍をしました。ちなみに 西東京大会準優勝が、日大鶴ヶ丘高校の最高成績となりました。

 

勝俣選手のピッチングの特徴は、テークバックをとってから大きく振り下ろすオーバーハンドな投げ方でMAX152kmのストレートを投げる投手です。

変化球は、スライダー、カットボール、カーブです。時々ストライクが入らず四球を連発することがあったりと制球を不安視する部分もあります。

 

バッティングでは、1年秋から野手としてレギュラーの座を掴むほどの実力の持ち主です。スカウトからは打者としても評価も高く、西東京大会では高打率にくわえ本塁打も打ち技術面での評価も高いです。

150キロを投げるということでピッチングでの評価が高いため、投手で指名されそうですが、打者としてマークしているチームもあるかもしれませんね。

 

勝又温史の特徴
  • 関東No1右腕と称される
  • MAX152km
  • 変化球はスライダー、カットボール、カーブ
  • 春季都大会以降では140キロ後半を連発する
  • バッティングの実力も高く1年秋からレギュラー
  • 1年夏から控え投手としてベンチ入り

 

同じ二刀流でもある大阪桐蔭根尾選手横浜万波選手二刀流の特徴も一緒にどうぞ。

 

2018年ドラフト注目の根尾昴(大阪桐蔭)!三刀流の選手はどの球団が指名するのか?二刀流or投手or打者
2018年ドラフト注目の根尾昴(大阪桐蔭)!三刀流の選手はどの球団が指名するのか?二刀流or投手or打者2018年のドラフト会議でプロ志望届を提出した大阪桐蔭高校の根尾昴選手の詳細をまとめました。野球本の出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。大阪桐蔭高校の勧誘話、西谷監督から「根尾さん」と呼ばれるエピソードなど満載です。150キロを投げる投手でもあり通算30本打つ強打者でもある根尾選手は、二刀流になるのか注目です。巨人、中日が1位宣言しているなか、10月25日に運命が決まります。...
2018年ドラフト注目の万波中正(横浜)!二刀流はMAX146キロで40発、指名球団は?
2018年ドラフト注目の万波中正(横浜)!二刀流はMAX146キロで40発、指名球団は?2018年のドラフト会議の日程は10月25日です。今回、プロ志望届を提出した横浜高校の万波中正選手の詳細をまとめました。野球本の出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。DeNAがドラフト指名で高評価をしています。各球団の指名は、規格外の打撃が注目ですが、二刀流や投手での指名もあるかもしれません。高校生の中でのポテンシャルは断トツだと各球団の評価も高いです。その他のドラフト候補も一緒にご覧ください。...

 

【都大会の成績】最後の西東京大会はMAX152キロの連発

勝又選手は甲子園に出場経験がありません。県大会の成績は、失点が多いものの25回投げて25三振という三振率の高さが目立ちました。

またスピードで出ており、2回戦147キロ、3回戦149キロ、5回戦151キロ、準々決勝151キロ、決勝151キロと140キロ後半から151キロと常時スピードボールを投げられることを示してくれました。

 

都大会での成績

 

ピッチング
  • 投球回数 25回
  • 三振 25
  • 四死球 19
  • 自責点 17
  • 防御率 6.12

 

【映像】勝又温史選手の実際の映像

勝又温史選手の実際の映像です。

 

 

»関連記事:今後の活躍をを見るならスカパー!で決まり

 

【エピソード】大きな選手は育つのに時間がかかる

勝又選手にまつわるエピソードが沢山あります。

 

小学6年生の時に一度、ピッチャーに挑戦したことがありました。けど、試合で8連続フォアボールを出していまい、マウンドで泣きながら投げた経験から、「もうピッチャーはやりたくないな」と思っていたそうです。

それでも、中学3年の春に監督から、「ピッチャーやってみないか」と言われて、もう時間が経っていたので「やってもいいかな」と思ったそうです

「日大三高校に入って強いチームでやるよりも、日大三高校と互角に戦っていた日大鶴ヶ丘に入って、日大三高校を倒したい 」

西東京大会決勝で「154球で熱中症と救急車で搬送」と新聞記事になりました。

絶対に背番号1番を着けたいです。自分が三浦(拓真)に1番取られたので、やっぱりそれは取り返さないとと思って。三浦は制球力も高く、メンタルも強く、試合も作れる投手なんです。とにかく今の自分の一番のライバルです。

だから朝5時半ぐらいに集まって投手陣の10キロランニングが週4回あるんですけど、(そういうところでも)負けてられないです。

 

【プロ野球選手に例えると】オリックスの山本由伸選手

勝又選手に似ているプロ野球選手は、オリックスの山本由伸選手です。躍動するホームから150キロ前後のスピードボールで勝負する姿が、まさしく山本選手をイメージさせます。

ただすぐに活躍する為には、制球力や決め球の制度を高めなければなりません。3年ぐらいは時間かかるのかなという感じがしますが、焦らずじっくりと鍛えてもらいたいですね。

オリックスの山本選手は高校卒業2年目の選手です。54試合に登板して4勝2敗1セーブ防御率2.89と大活躍しました。キレのあるボールの映像をどうぞ。

 

 

 

【中日】投打ともに素材はトップだが、まだまだ投手として力を出し切れていない。球速はまだまだ伸びていくだろうね。ウチとしては150キロ以上を投げる選手は投手一本で考えたい

【中日】バットの使い方がうまい。昔の藤田平さんを思い出した

【中日】センスは打撃、素材は投手。打撃はスイングがいいですし、洗練された印象。投球ではよく腕が振れる

【巨人】150キロ以上を出せる投手はなかなかいない。負けん気の強い性格も投手向き

【巨人】体全体を使って投げるストレートは魅力。馬力がある

【巨人】真っすぐが強い。可能性を秘めている投手

【DeNA】投打ともに素質がある

【DeNA】以前から見ていて、評価は変わらない。ドラフトでは各球団の上位指名の候補になりそう。バネがあって運動能力が高い

【阪神】バットコントロールがうまい。センスの良さを感じる。投球を見たかったけど、次回だね

【阪神】(投打)どちらも良いものを持っている。打撃は柔らかくて強い

【阪神】150キロを投げて、あれだけ懐の深い打撃ができる。投打で高い能力の持ち主

【西武】打撃はパワーも技術もあるね。投手は馬力があって、(オリックス)山本由伸君のようなタイプ

【オリックス】広島の丸をほうふつとさせる

【ヤクルト】投打ともに魅力を感じる。球団初の二刀流もあり得る

【ヤクルト】うちは二刀流というシステムをやったことはないけど、それを考えてもいいぐらい、打者としても楽しみ

【楽天】投手としてなら、西口(前西武)のようなタイプ。今日は柔らかい打撃をしていた

【日本ハム】直球は150キロを投げるし、制球力があってスライダー、フォークもいい。将来的に見ると増井(現オリックス)タイプ

【日本ハム】勢いのある直球を投げる。春より変化球の精度も上がった。高校生では十分すぎる

【広島】馬力のある投球を見に来た。打撃は巨人の高橋(由伸)にフォームが似てる

【広島】黒田さんみたい東京No1ですね

「フィリーズ】打撃がいいので、野手としても面白い

 

【ドラフト指名予想】広島、横浜DeNA辺りが上位指名を検討

広島、横浜DeNA辺りが上位指名をするのではと予想されています。ただし、上位候補の根尾選手や小園選手、藤原選手、吉田選手が競合するはずなので、クジ運次第では、早い段階での指名がありそうです。

 

 

【10月25日】2018年プロ野球ドラフト会議

いよいよ1週間後にはドラフト会議が始まります。日大鶴ヶ丘高校の勝又選手もプロ志望届を提出されました。

二刀流を検討しているチームもあるようです。打撃の素質もさることながら、やはり150キロを連発できる力は各球団に魅力的に映っているようです。

 

»関連記事:今後の活躍をを見るならスカパー!で決まり

 

果たしてどのチームが指名するのでしょうか?同じ二刀流でもある大阪桐蔭根尾選手や横浜の万波選手二刀流の特徴も一緒にどうぞ。

 

2018年ドラフト注目の根尾昴(大阪桐蔭)!三刀流の選手はどの球団が指名するのか?二刀流or投手or打者
2018年ドラフト注目の根尾昴(大阪桐蔭)!三刀流の選手はどの球団が指名するのか?二刀流or投手or打者2018年のドラフト会議でプロ志望届を提出した大阪桐蔭高校の根尾昴選手の詳細をまとめました。野球本の出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。大阪桐蔭高校の勧誘話、西谷監督から「根尾さん」と呼ばれるエピソードなど満載です。150キロを投げる投手でもあり通算30本打つ強打者でもある根尾選手は、二刀流になるのか注目です。巨人、中日が1位宣言しているなか、10月25日に運命が決まります。...
2018年ドラフト注目の万波中正(横浜)!二刀流はMAX146キロで40発、指名球団は?
2018年ドラフト注目の万波中正(横浜)!二刀流はMAX146キロで40発、指名球団は?2018年のドラフト会議の日程は10月25日です。今回、プロ志望届を提出した横浜高校の万波中正選手の詳細をまとめました。野球本の出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。DeNAがドラフト指名で高評価をしています。各球団の指名は、規格外の打撃が注目ですが、二刀流や投手での指名もあるかもしれません。高校生の中でのポテンシャルは断トツだと各球団の評価も高いです。その他のドラフト候補も一緒にご覧ください。...

 

 

RELATED POST