Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
高校野球

2018年ドラフト注目の野村佑希(花咲徳栄)!高校通算58本塁打はプロの球団指名は投手か打者か

こんにちは! 野球選手の名言研究家であり、野球の家庭教師&野球の本を出版したSei(@tabirich358)です。

 

2018年夏の高校野球も終わり、10月25日のドラフトまであと少しですね。甲子園で活躍した選手、地元で頑張っていた選手がどこの球団に指名されるのか気になっているのは僕だけでしょうか?

野球ファンならば、応援していた選手がどこの球団に行くのか気になりますよね。そこで今回、野村佑希選手を紹介します。2年生の時に4番として甲子園で優勝をしている選手です。

それでは早速プロフィールから見ていきましょう。

 

【プロフィール】野村佑希(花咲徳栄)

2018年ドラフト注目の野村佑希(花咲徳栄)!高校通算58本塁打はプロの球団指名は投手か打者か

参照 共同通信

 

  • 名前 野村 佑希(のむら ゆうき)
  • 生まれ アメリカ合衆国ミシガン州
  • 生年月日 2000年6月26日
  • 出身地 埼玉県
  • 身長 185cm
  • 体重 87kg
  • ポジション 投手、一塁、三塁、外野手
  • 投打 右投げ右打ち

 

【特徴】キャプテンでエースで4番バッターと野球の申し子

アメリカで生まれ、1歳の時に群馬県伊勢崎市に移住しています。中学時は、太田市リトルシニアで投手兼三塁手としてプレイしています。

 

その後、埼玉の花咲徳栄高校に進学。ベンチ入りしたのは1年生の秋です。メンバー入りと同時に一塁レギュラーの座をつかみ4番として関東大会に出場します。

1年生の秋までに打ったホームランは6本ですが、冬のトレーニングに成功して、春先の練習試合では合計12本のホームランを打ちました。2年生の最後の夏の県大会では、打率4割越えで優勝に貢献しました。

 

2年生夏の甲子園では、4番でホームランを2本打ち右のスラッガーとして甲子園優勝に大きく貢献しています。

3年生夏は、4番ながら背番号1を背負いエースとして、北埼玉大会を制しています。甲子園100回記念大会でも4番エースとして注目を集めましたが、横浜高校に8-6で負け敗退となりました。

 

バッティングの特徴は、どっしりとした構えから大きくテイクバックを取り振りぬく豪快なフォームです。巨人の坂本選手を意識されているようなので、タイミングの取り方を研究されているようです。

高校通算58本塁打をマークするだけ研究熱心ということがわかります。

ピッチングは常時130キロ前後のストレートですが、力を入れた時は140kmキロを計測します。最速は146kmキロになります。変化球はスライダー、カーブとなっています。スライダーは変化量も大きく、決め球として使っています。

 

キャプテンでエースで4番、まさしく絵にかいたような選手ですね。今後の動向も要チェックです。

 

野村佑希の特徴
  • 高校通算58本塁打
  • 巨人の坂本選手のファン
  • 常時140キロ前後
  • MAX146キロ
  • 2年生で4番を任された夏の甲子園で優勝
  • キャプテンでエースで4番
  • 変化球はスライダー、カーブ
  • アメリカ生まれ
  • ミドルネームはジェームス

 

同じドラフト上位候補の打者である大阪桐蔭戦根尾選手小園選手の情報も一緒にどうぞ。

 

2018年ドラフト注目の根尾昴(大阪桐蔭)!三刀流の選手はどの球団が指名するのか?二刀流or投手or打者
2018年ドラフト注目の根尾昴(大阪桐蔭)!三刀流の選手はどの球団が指名するのか?二刀流or投手or打者2018年のドラフト会議でプロ志望届を提出した大阪桐蔭高校の根尾昴選手の詳細をまとめました。野球本の出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。大阪桐蔭高校の勧誘話、西谷監督から「根尾さん」と呼ばれるエピソードなど満載です。150キロを投げる投手でもあり通算30本打つ強打者でもある根尾選手は、二刀流になるのか注目です。巨人、中日が1位宣言しているなか、10月25日に運命が決まります。...
2018年ドラフト注目の小園海斗(報徳学園)!プロ注目のショートは華麗な守備と俊足で魅せる
2018年ドラフト注目の小園海斗(報徳学園)!プロ注目のショートは華麗な守備と俊足で魅せる2018年のドラフト会議に向けプロ志望届を提出した報徳学園高校の小園海斗選手の詳細をまとめました。野球本の出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。日本一の遊撃手と言われる広範囲のの守備に、50メートル5秒8の俊足、指名する球団は広島かオリックスか?成績、特徴、経歴、エピソードなど詳しく解説します。...

 

【甲子園の成績】甲子園で4本塁打を打つ怪物

ピッチングは、12回投球回数で、1勝1敗、防御率7.50、奪三振6、四死球10となっています。鳴門高校戦では9回5失点、横浜高校戦では3回5失点です。ピッチングでは、甲子園で思うような成績を残せませんでしたね。

バッティングは、8試合で打率.486、4本塁打、12打点、出塁率550という成績を残しています。2017年の夏、2018年の夏どちらとも好成績を残しており、特に2018年の夏は、マークが厳しいながらも、2試合で2本塁打6打点と結果を残したことは立派だとおもいます。

 

甲子園通算成績

ピッチング
  • 投球回数 12回
  • 三振 6
  • 四死球 10
  • 防御率 7.50

 

バッティング
  • 打率 486
  • 本塁打 4
  • 打点 12

 

 

【映像】野村佑希選手の実際の映像 感動編

野村選手の実際の映像です。春夏連覇の思いが伝わってくる感動的な動画です。

 

 

»関連記事:今後の活躍をを見るならスカパー!で決まり

 

【エピソード】清宮の次はこの選手、坂本2世と評されることも

坂本2世と評価される事もあります。これは、野村選手のフォームは、他の選手よりグリップの位置が高くあげて坂本選手に似ているからです。

野村選手も、好きな選手に坂本選手を挙げ「インコースの打ち方、肘の抜き方を参考にしています」と話しています。

清宮の次はこの選手。そう評されることもある野村選手です

アメリカ生まれで、「ジェームス」というミドルネームを持っているそうです。国籍も日本とアメリカの二つの国籍があるそうです。

懐の柔らかいバッティングです。懐の深さ、ヘッドスピードを見ると、やはりバッターかなと。センスも感じます。この日は詰まってファウルになる打球が多かったのですが、それがみんなスタンドに入る。

スイングスピードが速いので、これはファウルフライでアウトだろうという当たりが全部スタンドにいってしまう。

野村君はプロ入りしたら、どこを守らせるか。外野としては、かなりホームランが必要になってきますし、脚ももう少し欲しい。

一塁は山川(西武)や井上(ロッテ)といった選手が出てきて、昔ほど外国人選手が多くなくなってきましたが、やはり長打が求められるポジションなので、ライバルは外国人選手になってきます。

そう考えていくと、サードが最も可能性があると思います。ドラフトでの指名を考えている各球団もそういう評価をしているでしょう」

参照 Full-Count編集部

 

【プロ野球選手に例えると】鈴木誠也選手(広島)

プロ野球選手としては、バッターとしての評価が高いようです。プロ野球選手に例えると広島の鈴木誠也選手の打撃をイメージします。「神ってる」で有名な鈴木誠也選手です。力強いパンチ力一発で仕留める感じが似ています。

少し大袈裟な感じがするかもしれませんが、鈴木選手の高校時代と比べれば野村選手の方が伸びしろを感じます。

もし野村選手が順調に育てば、プロ野球界の中で4番打者として見られる日もそう遠くないかもしれません。

プロ野球関係者のスカウト情報です。どこの球団も野手として期待しているようです。右打者の長距離砲としてかなり魅力なようです。

 

 

【ロッテ】パワーは別格。スイングスピードは速くないのに、タイミングの取り方が上手く、ボールを運べる。タイプ的には清原だね

【ロッテ】そこまで強く振っていないのに打球が飛びます。体もまだそんなにガッチリとしているわけではないので、ひと冬越えてどうなるのか。飛ばす技術があるだけに楽しみです

【日本ハム】自分の形で打てる可能性が高い子。格が違う。投げてもこの時期でこのレベルは素晴らしい。投打の軸になる二刀流候補だ

【巨人】打球が速い。2017年でも十分ドラフト対象になる

【楽天】打撃が大きな魅力です。投手もできますが野手として楽しみですね。あとは守りが今後どうなっていくかです

【中日】すばらしい。内角の厳しい球を体の回転でうつことができる右打者はなかなかいない

【阪神】すごい飛距離。コントロール重視で投げていたが、投手としても野手としても魅力

【西武】典型的な右の長距離砲。体に力もあるし、自分の打つツボを持っている

【楽天】インコースの打ち方がうまい。手首の柔らかさなど、独特の良さ、天性のものがある

【中日】ホームランバッターとして必要なものをすべてもっている

【日本ハム】強引な飛ばし方じゃない。魅力は右打者ではアマNo.1

 

【ドラフト指名予想】大好きな日本ハムか地元の西武か

ドラフト2位以内に消えるのではないでしょうか。もしかすると単独指名のサプライズ指名があるかもしれません。

楽天、中日、DeNA、日本ハム、巨人、広島、西武、ソフトバンク、日本ハムと各球団ドラフト2位以内に指名候補としています。

その中でも、西武日本ハムのように長距離砲が多いチームに指名されるのではないかと考えています。西武ならば三塁手の中村選手の後釜であったり、山川選手とのクリーンアップも楽しみです。

日本ハムの場合は、清宮選手との若手クリーンアップも話題になり、清宮、中田、野村というクリーンアップは、ファンにとってはたまりません。

 

 

【10月25日】2018年プロ野球ドラフト会議

いよいよ2週間後にはドラフト会議が始まります。9月13日に注目の野村選手のプロ志望届が提出されました。

10月25日に野村選手がどこの球団から指名されるのか目が離せません。

ちなみに、野村選手が好きな球団として名前を挙げているのは日本ハムです。そして好きな選手は日本ハムの大田泰示選手です。相思相愛の指名はあるのか?楽しみです。

 

»関連記事:今後の活躍をを見るならスカパー!で決まり

 

同じドラフト上位指名が予想される大阪桐蔭根尾選手報徳学園小園選手ドラフト予想球団も合わせてどうぞ

 

2018年ドラフト注目の根尾昴(大阪桐蔭)!三刀流の選手はどの球団が指名するのか?二刀流or投手or打者
2018年ドラフト注目の根尾昴(大阪桐蔭)!三刀流の選手はどの球団が指名するのか?二刀流or投手or打者2018年のドラフト会議でプロ志望届を提出した大阪桐蔭高校の根尾昴選手の詳細をまとめました。野球本の出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。大阪桐蔭高校の勧誘話、西谷監督から「根尾さん」と呼ばれるエピソードなど満載です。150キロを投げる投手でもあり通算30本打つ強打者でもある根尾選手は、二刀流になるのか注目です。巨人、中日が1位宣言しているなか、10月25日に運命が決まります。...
2018年ドラフト注目の小園海斗(報徳学園)!プロ注目のショートは華麗な守備と俊足で魅せる
2018年ドラフト注目の小園海斗(報徳学園)!プロ注目のショートは華麗な守備と俊足で魅せる2018年のドラフト会議に向けプロ志望届を提出した報徳学園高校の小園海斗選手の詳細をまとめました。野球本の出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。日本一の遊撃手と言われる広範囲のの守備に、50メートル5秒8の俊足、指名する球団は広島かオリックスか?成績、特徴、経歴、エピソードなど詳しく解説します。...

 

RELATED POST