Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
野球ドラフト

【最新】2019年ドラフト注目の及川雅貴(横浜高校)投手!MAX152キロの本格左腕は菊池雄星の再来か

こんにちは! 野球選手の名言研究家であり、野球の家庭教師&野球の本を出版したSei(@tabirich358)です。

 

2018年10月25日のドラフトまであと少しですね。甲子園で活躍した選手、地元で頑張っていた選手がどこの球団に指名されるのか気になりますよね。しかし2018年のドラフトが終わると2019年の注目選手が気になるのは僕だけでしょうか?

野球ファンならば、誰よりも早く来年の注目される選手の情報を知りたくなります。そこで今回、2019年の注目選手を紹介します。その選手は横浜高校及川雅貴選手です。及川選手はMAX152キロを投げる大型左腕です。

 

それでは早速プロフィールから見ていきましょう。

 

【プロフィール】及川雅貴(横浜高校)神奈川県

【最新】2019年ドラフト注目の及川雅貴(横浜高校)!MAX152キロの本格左腕は菊池雄星の再来か

参照 スポーツ報知

 

  • 名前 及川 雅貴(およかわ まさき)
  • 生年月日 2001年4月18日
  • 出身地 千葉県
  • 身長 183cm
  • 体重 74kg
  • ポジション 投手
  • 投打 左投げ左打ち

 

【特徴】MAX152キロ左腕は2種類のスライダーで三振を奪う

及川選手の中学時代は、匝瑳シニアでプレーをしていました。中学3年生の時に身長が181センチあり、MAX138キロを投げ、スーパー中学生と注目されていました。

3年時は、U15日本代表にっも選出されており、第3回WBSC U15ベースボールワールドカップで充優勝に貢献し最優秀防御率賞を受賞しています。

 

高校進学時には全国約30校の強豪校から誘いを受けますが「甲子園も行きたいが、何よりプロに行きたい」とプロ野球選手を多く輩出している横浜高校を選びます。

1年生春から、控え投手としてベンチ入りします。春の県大会決勝では東海大相模戦で先発投手として公式戦初登板を果たします。1年生夏の神奈川県大会では、2試合に登板をして優勝に大きく貢献します。

続く甲子園でも、ベスト4になった秀岳館高校戦にリリーフ登板して3回を1安打無失点に抑えて全国デビューを果たします。しかしチームは負けてしまいます。

 

1年生の秋の神奈川県大会では、準々決勝の鎌倉学園戦で先発を任されますが、初回に満塁本塁打を浴びるなど、2回2/3で6失点してしまい敗戦します。

2年生の夏の県大会では、4試合に投げて13回1/3を9安打18奪三振4四死球6失点で防御率4.05と失点が多いものの奪三振率12.15と驚異的な数字を残し、甲子園の切符を掴みます。

ちなみに準決勝の星槎湘南高校戦ではMAX148キロを記録して自身、夏の最高スピードをマークしています。

 

夏の甲子園では、2試合に投げて7回1/3を8安打10奪三振4四死球4失点で防御率2.70という成績で、甲子園でMAX145キロを記録しています。その後、横浜高校は金足農業高校に逆転負けをして夏が終わります。

2018年秋の大会の成績は、31回を投げて17安打44奪三振13四死球、3失点防御率が0.87という数字を残しています。特に防御率が0点台奪三振率が12.77と圧巻の投球です。

秋季高校野球関東大会では、1回戦の甲府工業高校相手に、8回2安打9奪三振2失点の投球でベスト8進出を決めますが、次の試合で春日部共栄高校が2対9の惨敗したために、センバツ出場は厳しくなりました。

この試合、及川選手が先発しましたが、制球に苦しみ3回途中4失点で降板をしています。ちなみに奪った7つのアウトのうち6つが三振でした。

 

及川選手の特徴は、MAX152キロ本格左腕ということです。変化球は、縦と横のスライダー、カーブ、チェンジアップを投げますが、コントロールを意識しており、ストレートとスライダーを中心にカウントを整えます。

体が182センチ体重71キロと少し細身ですが、まだ2年生なので、3年生になる頃にさらにパワーアップするでしょう。

 

奥川恭伸の特徴
  • 中学時代にMAX138キロ
  • 中学でU15日本代表に選ばれWBSCで最優秀防御率賞を受賞
  • MAX152キロ
  • 変化球は、縦と横のスライダー、カーブ、チェンジアップ
  • コントロールを意識してストレートとスライダー中心の投球

 

この世代のBIG4と呼ばれる及川選手以外の星稜高校奥川恭伸選手、大船渡高校佐々木朗希選手、創志学園高校の西純矢選手の情報も要チェックです。随時更新しますのでお楽しみに。

 

【最新】2019年ドラフト注目の奥川恭伸(星稜高校)!MAX150キロで抜群のコントロールは球界の宝
【最新】2019年ドラフト注目の奥川恭伸(星稜高校)投手!MAX150キロで抜群のコントロールは球界の宝【2018年11月10日更新】2019年のドラフト会議で指名されるであろう星稜高校の奥川恭伸選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。奥川選手は、2018年夏の甲子園初戦でMAX150キロを記録して世間を騒がせました。唯一の2年生としてU18日本代表にも選ばれました。持ち味は抜群の制球力に常に笑顔なところです。奥川選手の特徴やエピソードを交えて詳しく解説しています。...
【最新】2019年ドラフト注目の佐々木朗希(大船渡高校)!MAX157キロで大谷翔平越えは大阪桐蔭を断る
【最新】2019年ドラフト注目の佐々木朗希(大船渡高校)投手!MAX157キロで大谷翔平越えは大阪桐蔭を断る【最新情報】2019年のドラフト会議で指名される高校球児をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。大船渡高校の佐々木選手は、身長189センチと大柄な体格からMAX157キロのストレートを投げ大谷翔平二世と話題を呼んでいます。間違いなく2019年のドラフト1位指名選手です。160キロも夢ではありません。130キロ台のスライダーのキレ味も素晴らしく、まだ伸びる選手です。佐々木選手の特徴からエピソードを詳しくお伝えします。...

 

【甲子園の成績】1年生で甲子園ベスト4相手に3回を0失点で抑える

及川選手の2017年夏と2018年の夏に2回甲子園に出場しています。

甲子園デビューは1年生の時で、当時ベスト4に入った秀岳館高校相手に、3回を1安打1三振3四死球0失点で抑えておりMAX142キロを記録しています。

2年生の夏の甲子園では、2試合に投げて7回1/3を8安打10奪三振4四死球4失点で防御率2.70という数字を残してMAX145キロを記録しています。四死球が若干多いという印象があります。

 

甲子園の成績

奥川恭伸のピッチング
  • 試合数 3
  • 投球回数 10回1/3
  • 三振 11
  • 四死球 7
  • 失点 4
  • 防御率 3.48

 

【映像】及川雅貴選手の実際の映像

及川雅貴選手の実際の映像です。140キロ台中盤のストレート高速スライダーで打者がバットに当てるの精一杯という感じが伝わってきます。まさしく怪物左腕ですね。

 

 

»関連記事:プロ野球・大学野球・ドラフト情報はスカパー!で決まり

 

【エピソード】中学時代にプロ野球選手から三振を奪っている

及川選手にまつわるエピソードです。まだまだ少ないですが、随時、更新をしていきます。中学時代にテレビ番組に出演しており、普通にプロ野球選手から三振を奪ってしまうなんて驚きですよね。

 

中学卒業間近の、2017年2月26日に放送されたテレビ番組「ビートたけしのスポーツ大将」に出演し、西武の秋山翔吾選手や森友哉選手、中日の平田良介と対戦しました。平田選手からは、ストレートで空振り三振を奪い、「普通にプロでいるピッチャー」と言われています

U-15日本代表の鹿取監督は及川投手に関して、「(マウンドでは)動揺しない子。あがったりもしない。穏やかな子。自分のチームでは投げる時は先発完投、僕が打たれたら負けなんですって言っていた。責任感が強い子だなと思った」

1年生で夏の開幕投手で4回無失点6奪三振平田徹監督も「彼のストレートがきちっとコーナーにいけば通用すると思った。期待するピッチングをしてくれた」と評価した

「いろんな球種をコントロールするのは大変ですし、リリースでなでるようなクセがついてしまうんです。まずはストレートの質を上げよう」ということで、あえてストレートと横のスライダーの2種類のみしか投げていない

 

 

【プロ野球選手に例えると】西武ライオンズの菊池雄星

及川選手をプロ野球選手に例えると西武ライオンズの菊池雄星選手を彷彿とさせてくれます。菊池選手も高校時代に騒がれていましたが、すぐにプロの世界では活躍できずに、フォーム改造安定したコントロール大きなカーブを習得してから凄い投手に変身しております。

及川選手もじっくりと時間をかけて、菊池選手のような日本を代表する大型の左腕投手になってもらいたいですね。

 

【ソフトバンク】体も大きくなったし来年の有望株

【ソフトバンク】大型左腕であれだけボールを操れる今すぐにでもとりたい

【オリックス】直江くんは指先の感覚が良く将来的に楽しみだが、及川くんは今年のドラフト対象でもNo1

【オリックス】来年は高校生の三羽ガラス、いや四天王(大船渡・佐々木、横浜・及川、星稜・奥川、創志学園・西)になるのかな

【日本ハム】プロでも三振を取っていける、非常に将来性豊かな投手と評価

【中日】制球が良くなった。追っていきたい

【西武】この球速に制球力。2年後が楽しみ。スーパー1年生やね

【西武】及川くんは今年の3年生を含めた中でも一番いい。体がもっとできてくれば菊池雄星クラスになれる

【ヤクルト】左腕であの身長を持つ先発完投型はプロでも見ない。2年後はドラフト候補になるだろう

【巨人】真っすぐが速くて、あれだけ腕を振って低めにスライダーを投げられたら打てない。(今年のドラフトでも)全然いけるんじゃないか

【ロッテ】凄い伸びしろを感じると評価

【ロッテ】(創志学園・西は)来年の上位候補になるでしょう。横浜・及川、大船渡・佐々木、星稜・奥川、菰野・岡林と来年は楽しみな投手が多い

【ヤクルト】今日は力みがなく、バランスが良かった

【DeNA】スライダー、真っすぐのキレ、コントロールともに素晴らしかった

【DeNA】右打者の膝元にしっかり放れる。スライダーが素晴らしい

 

【ドラフト指名予想】東京ヤクルトor横浜DeNA

少し早いですが、勝手にドラフト予想をします。及川選手を取ると良い球団は、ヤクルトDeNAです。

まずヤクルトですが、一昔には石井一久氏のような本格派の絶対的なエースがいました。その当時のヤクルトは黄金期を迎えており、要所で石井氏が先発すると絶対に勝てるという流れが出来上がっていました。

ヤクルトの先発投手事情が足りないこと、先輩に寺島投手がいること、及川選手が住んでいる関東圏にある球団という事でヤクルトが第一候補です。

 

同じくDeNAをおすすめします。DeNAは今年も新人の左腕の東克樹選手が大活躍、昨年は左腕投手ばかりのローテを組む常識外れの左腕王国(今永昇太、濵口遥大、石田健大)で話題になりました。

先輩方からたくさんの事を学ぶことが出来ることと横浜高校出身で在京球団という条件もあり外せない選手の1人です。この2球団に指名されると面白そうですよね。

 

»関連記事:プロ野球・大学野球・ドラフト情報はスカパー!で決まり

 

2019年の高校野球は、及川選手を含めたBIG4が凄いと騒がれています。星稜高校奥川恭伸選手、大船渡高校佐々木朗希選手、創志学園高校の西純矢選手の情報もご一緒にどうぞ。

 

【最新】2019年ドラフト注目の奥川恭伸(星稜高校)!MAX150キロで抜群のコントロールは球界の宝
【最新】2019年ドラフト注目の奥川恭伸(星稜高校)投手!MAX150キロで抜群のコントロールは球界の宝【2018年11月10日更新】2019年のドラフト会議で指名されるであろう星稜高校の奥川恭伸選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。奥川選手は、2018年夏の甲子園初戦でMAX150キロを記録して世間を騒がせました。唯一の2年生としてU18日本代表にも選ばれました。持ち味は抜群の制球力に常に笑顔なところです。奥川選手の特徴やエピソードを交えて詳しく解説しています。...
【最新】2019年ドラフト注目の佐々木朗希(大船渡高校)!MAX157キロで大谷翔平越えは大阪桐蔭を断る
【最新】2019年ドラフト注目の佐々木朗希(大船渡高校)投手!MAX157キロで大谷翔平越えは大阪桐蔭を断る【最新情報】2019年のドラフト会議で指名される高校球児をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。大船渡高校の佐々木選手は、身長189センチと大柄な体格からMAX157キロのストレートを投げ大谷翔平二世と話題を呼んでいます。間違いなく2019年のドラフト1位指名選手です。160キロも夢ではありません。130キロ台のスライダーのキレ味も素晴らしく、まだ伸びる選手です。佐々木選手の特徴からエピソードを詳しくお伝えします。...

 

RELATED POST