Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
野球ドラフト

【最新】2019年ドラフト注目の佐々木朗希(大船渡高校)投手!MAX157キロで大谷翔平越えは大阪桐蔭を断る

こんにちは! 野球選手の名言研究家であり、野球の家庭教師&野球の本を出版したSei(@tabirich358)です。

 

2018年10月25日のドラフトまであと少しですね。甲子園で活躍した選手、地元で頑張っていた選手がどこの球団に指名されるのか気になりますよね。しかし2018年のドラフトが終わると2019年の注目選手が気になるのは僕だけでしょうか?

野球ファンならば、誰よりも早く来年の注目される選手の情報を知りたくなりますよね。そこで今回、2019年の注目選手を紹介します。大船渡高校佐々木朗希選手です。佐々木選手はMAX157キロを投げ、高校野球界をざわつかせた球児です。

 

それでは早速プロフィールから見ていきましょう。

 

【プロフィール】佐々木朗希(大船渡高校)岩手県

【最新】2019年ドラフト注目の佐々木朗希(大船渡高校)!MAX157キロで大谷翔平越えは大阪桐蔭を断る

参照 阪神とMLBと高校野球

 

  • 名前 佐々木 朗希(ささき ろうき)
  • 生年月日 2001年11月3日
  • 出身地 岩手県
  • 身長 189cm
  • 体重 81kg
  • ポジション 投手
  • 投打 右投げ右打ち

 

【特徴】MAX157キロの怪物、130キロ前後のスライダーのキレ味も抜群

佐々木選手の中学時代は、軟式野球部でプレーしています。オール気仙に所属し、KB東北大会で準優勝した実績があります。当時から141キロを記録して話題になりました。

また、中学校の野球が楽しくて、仲間と一緒に甲子園に行きたいという理由で、全国の私立強豪からの誘いを断ったそうです。

 

大船渡高校に進学後、1年夏から公式戦に出場しています。2回戦の盛岡北高校戦に3番手として登板して、1回1/3で3三振を無失点の救援でデビュー戦を飾っています。この時にMAX147キロを叩き出す投球を披露しています。

2年の春の県大会の1回戦では、初の先発をします。MAX153キロを記録し全打席出塁と奮闘しますが、負けてしまいました。

夏の県大会では、初戦の盛岡第三高校戦で4安打で11奪三振2失点で完投勝利します。この試合でMAX154キロをマークして、視察に訪れたプロのスカウトを驚かせました。

 

秋の大会では、初戦でMAX157キロを記録して一気に全国の注目を集めました。準々決勝は連投のマウンドですが、初回の先頭打者からいきなり150キロを連発し、7回には154キロを記録しています。

ピンチでは三振を狙っていた」と7者連続を含む15三振を奪い、9回を投げて3安打1失点(自責点0)でした。

佐々木選手は「肩に張りがあり大丈夫かなと思ったが、思ったよりいいボールがいった。しっかりコースに投げられた」と話しており「スピード表示で相手にプレッシャーをかける事ができる。自分としてはプラスにとらえたい」と語っていました。

 

続く3位決定戦では専大北上高校戦はベンチスタート。前日の盛岡大付高校戦で166球を投げた影響と股関節の痛みなどを抱えこともあり、監督に「今日は投げられません」と告げたそうです。

10対9と1点差に迫られた無死二塁から登板するのですが、3連打を浴びて、押し出しの四球で逆転を許します。結局10対11で敗れてしまい、この結果、東北大会出場を逃し春の甲子園の夢は絶たれました

 

佐々木選手の特徴は、高校2年生でMAX157キロを投げている事でストレートは常時145〜150キロ変化球スライダー、フォーク、チェンジアップを駆使して、特に130キロ前後のスライダーキレ味は良く110キロ前後のカーブも有効に使っています。

野手としても素晴らしく、登板しない日は外野手としてプレーすることがあります。50メートル5秒9の俊足で打順は1番を打つことが多いようです。まさしく大谷翔平選手を彷彿とさせる二刀流プレーヤーです。

 

佐々木朗希の特徴
  • 軟式野球のオール気仙でプレー
  • 私立の強豪校の誘いを断る
  • 50mは5秒9
  • MAX157キロ
  • 常時145〜150キロのストレート
  • 変化球はスライダー、フォーク、チェンジアップ
  • 130キロ台のスライダーのキレ味が良い
  • 野手としての才能も高く二刀流 

 

この世代のBIG4と呼ばれる佐々木選手以外の横浜高校及川雅貴選手星稜高校奥川恭伸選手創志学園高校の西純矢選手の情報も要チェックです。情報は随時更新していきます。

 

【最新】2019年ドラフト注目の及川雅貴(横浜高校)!MAX152キロの本格左腕は菊池雄星の再来か
【最新】2019年ドラフト注目の及川雅貴(横浜高校)投手!MAX152キロの本格左腕は菊池雄星の再来か【最新情報】2019年のドラフト会議で指名されるであろう横浜高校の及川雅貴選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。MAX152キロの及川選手は、2回の甲子園で登板をしており1年時にはベスト4の秀岳館相手に3回を0失点でMAX142キロのデビューをしております。大型左腕は菊池雄星の再来との噂も。特徴からエピソード、映像と詳しく解説しています。...
【最新】2019年ドラフト注目の奥川恭伸(星稜高校)!MAX150キロで抜群のコントロールは球界の宝
【最新】2019年ドラフト注目の奥川恭伸(星稜高校)投手!MAX150キロで抜群のコントロールは球界の宝【2018年11月10日更新】2019年のドラフト会議で指名されるであろう星稜高校の奥川恭伸選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。奥川選手は、2018年夏の甲子園初戦でMAX150キロを記録して世間を騒がせました。唯一の2年生としてU18日本代表にも選ばれました。持ち味は抜群の制球力に常に笑顔なところです。奥川選手の特徴やエピソードを交えて詳しく解説しています。...

 

【県大会予選の成績】毎試合150キロ越えを連発する化け者

佐々木選手の2018年秋の岩手県大会の成績です。驚くべき数字は、1回戦から150キロ越えを連発していることです。1回戦では157キロを記録するなど160キロも現実的な数字です。

惜しくも3位決定戦で専大北上高校に負けてしまい甲子園の夢は絶たれましたが、夏に期待しましょう。

 

1回戦の盛岡第三高校は、9回6安打11奪三振0失点で157キロを記録

2回戦の一戸高校は、7回5安打13奪三振1失点で154キロを記録

準々決勝の黒沢尻北高校は、9回3安打15奪三振1失点154キロを記録

準決勝の盛岡大付高校は、9回10安打10奪三振7失点で154キロを記録

3位決定戦は、専大北上高校に途中登板で1回を1安打で151キロを記録

 

府大会での成績

ピッチング
  • 投球回数 35回
  • 三振 49※
  • 失点 9
  • 防御率 2.31

※は3位決定戦の数字が不明

 

 

【映像】佐々木朗希選手の実際の映像

佐々木選手の実際の映像です。150キロ台のスピードボールを連発するのはまさしく怪物スピードだけ見ると大谷選手を彷彿とさせますが、投げ方はダルビッシュ選手ですね。

 

 

»関連記事:プロ野球・大学野球・ドラフト情報はスカパー!で決まり

 

【エピソード】大阪桐蔭高校のオファーを断り仲間と野球を選ぶ

佐々木選手にまつわるエピソードです。まだまだ少ないですが、随時、更新をしていきます。

 

中学校の野球が楽しく、その仲間と一緒に甲子園に行きたいという理由だで、中学時代から注目され、大阪桐蔭や花巻東などからオファーを受けるも断ったそうです

1年秋から冬にかけては成長痛に悩まされ「腰に痛みがあって、立っていても痛かった」と、1日5度の食事と軽いストレッチや体幹トレだけしかできませんでした

3年になったら160キロオーバーを投げられるのを目標にする

U18代表から選出漏れとなった佐々木投手は、「悔しかったですが、自分の力不足だと思います」と話し、この日の初回の3失点とともに、まだ力不足と認めた。しかし、来年春のセンバツ出場に向け、「自分が引っ張っていきたい」と意気込みを見せる(※岩手県大会の3位決定戦に負けてセンバツは絶望的)

 

【プロ野球選手に例えると】大リーガーのカブス ダルビッシュ有選手

佐々木選手をプロ野球選手に例えると大リーガーでカブスに所属のダルビッシュ有選手です。スピードの比較は大谷選手とされますが、投球フォームはまさしくダルビッシュ有選手という感じです。

今は変化球が3種類ですが、ダルビッシュ有選手のように器用だとすれば色々な変化球が投げられそうですね。一番怖いのは怪我です。球数制限をしっかりと自分でコントロールできる選手になぅてほしいですね。

 

【阪神】将来は160キロ出そう。もっともっと良くなる素質を持っていると評価した

【阪神】今年のドラフトでも1位になれるぐらいの素材。2年生で154キロが出るんだから、伸びしろはいっぱいある。フォームが安定すれば、もっとスピードは出る。大谷、菊池レベルの近くまで来ている

【DeNA】この秋のドラフトにかけても、上位指名は間違いない、球が速くて腕の振りがいい。今秋ドラフトなら間違いなく上位候補

【楽天】まだ体ができていないのにこの球。伸びしろがある

【楽天】来年は横浜の左腕、及川(雅貴)と双璧になる。今年でもドラフト1位候補身体能力は高いし、球もまだ速くなる

【広島】同じ時期の大谷(現エンゼルス)より速い

【広島】大谷の2年生の時は、これぐらい投げていた。このままケガをしないで投げられれば、大谷2世と言えるぐらいのインパクトはある

【中日】今年でも競合ドラ1の力

【ソフトバンク】この時期にこれだけ投げられるだけですごい。素材は文句なし

【オリックス】夏より状態はいいかもしれない。ひと冬越えてどのくらいになるか楽しみ

【オリックス】来年は高校生の三羽ガラス、いや四天王(大船渡・佐々木、横浜・及川、星稜・奥川、創志学園・西)になるのかな

【ロッテ】カウント3ボールからスライダーでストライクが取れる。今の時期の高校生ではなかなかいない

【ヤクルト】初めて生で見たが、ここまでいいとは。想像以上。160キロも時間の問題

 

【ドラフト指名予想】育成方法と地域制から日本ハム

少し早いですが、勝手にドラフト予想をします。日本を代表する投手になる可能性を秘めていますので、過去に高卒新人を大事に育ててくれて早い段階で活躍した選手がいるチームに絞りました。

日本ハム、ソフトバンク、西武、楽天、阪神です。日本ハムは大谷選手ダルビッシュ選手、ソフトバンクは育成から千賀選手、西武は松坂選手涌井選手、楽天は田中選手、阪神は藤浪選手です。

 

さらにこの中から佐々木選手(岩手県)の地域制を考慮すると日本ハム楽天に絞りました。そしてトータルな実績から、日本ハムがドラフト1位で指名すると良いと考えました。

大谷選手、ダルビッシュ選手、清宮選手高校野球出身スーパースターを取る日本ハムの考えは素晴らしいと思います。地域も盛り上がりますし、しっかりと育ててもらえたらと思います。

 

»関連記事:プロ野球・大学野球・ドラフト情報はスカパー!で決まり

 

2019年の高校野球は、佐々木選手を含めたBIG4が凄いと騒がれています。横浜高校及川雅貴選手星稜高校奥川恭伸選手創志学園高校の西純矢選手の情報も一緒にどうぞ。情報は随時更新していきますのでご期待ください。

 

【最新】2019年ドラフト注目の及川雅貴(横浜高校)!MAX152キロの本格左腕は菊池雄星の再来か
【最新】2019年ドラフト注目の及川雅貴(横浜高校)投手!MAX152キロの本格左腕は菊池雄星の再来か【最新情報】2019年のドラフト会議で指名されるであろう横浜高校の及川雅貴選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。MAX152キロの及川選手は、2回の甲子園で登板をしており1年時にはベスト4の秀岳館相手に3回を0失点でMAX142キロのデビューをしております。大型左腕は菊池雄星の再来との噂も。特徴からエピソード、映像と詳しく解説しています。...
【最新】2019年ドラフト注目の奥川恭伸(星稜高校)!MAX150キロで抜群のコントロールは球界の宝
【最新】2019年ドラフト注目の奥川恭伸(星稜高校)投手!MAX150キロで抜群のコントロールは球界の宝【2018年11月10日更新】2019年のドラフト会議で指名されるであろう星稜高校の奥川恭伸選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。奥川選手は、2018年夏の甲子園初戦でMAX150キロを記録して世間を騒がせました。唯一の2年生としてU18日本代表にも選ばれました。持ち味は抜群の制球力に常に笑顔なところです。奥川選手の特徴やエピソードを交えて詳しく解説しています。...

 

RELATED POST