Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
投資用語

【テンバガー】10倍に大化けした株!テンバガーの条件は6個・2018・2017・2016・2015年・投資初心者の人生逆転

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。

 

 

投資初心者のための投資用語を解説します。今回はテンバガー(10倍株)についてです

 

こんにちは! 投資家&複業家のSei(@tabirich358)です。

 

これから投資を始める人に向けた投資で大切な用語の解説していきいと思います。今回は2015年・2016年・2017年・2018年のテンバガー(10倍株)についてです。テンバガー(10倍株)という名前を聞いたことあるけど何かわからないという方に説明をしていきます。

 

≫前回の記事:CFDとはなんでしょう!?Contract For Difference・差金決済取引

 

この記事を読むとわかること

・テンバガー(10倍株)について
・2015年・2016年・2017年・2018年のテンバガー(10倍株)

 

テンバガー(10倍株)とは

【2018年のテンバガー】10倍に大化けした株!テンバガーの条件・2017・2016・2015年・投資初心者の人生逆転

 

テンバガー(10倍株)とは、株価が10倍に跳ね上がることです。2000年から2015年の間に、300近い企業が達成しているというデータもあります。もし10万円で買った株がテンバガーしたら100万円になるということですので夢がありますよね。

短期投資で大きく儲ける人の多くは、テンバガー銘柄にのれたという人が多いのです。そんなテンバガーは毎年、必ずでているので、2015年・2016年・2017年・2018年テンバガーした銘柄をチェックしていきたいと思います。

 

テンバガー(10倍株)の由来

テンバガーという言葉は、野球用語に由来しています。野球好きの僕には嬉しい言葉ですね。バガーが野球のヒット(塁打)のことになり、1試合で10(テン)ヒットするほど急激に成長している銘柄という意味になるそうです。

 

テンバガー(10倍株)の条件は6つ NIKKEI STYLE

テンバガー(10倍株)の条件は6つ NIKKEI STYLE

 

NIKKEI STYLEでは、テンバガー銘柄のには、低位株の可能性があるとされています。1株100円から300円ぐらいの低位株が一気に跳ね上がる可能性があるのです。もちろん、反対にボロ株は倒産リスクもあります。

テンバガーになる条件として要チェックは下記になります。

 

・上場から4年以内
・時価総額300億円以下
・創業社長もしくは創業家が社長のオーナー企業
・社長が筆頭株主or2位株主
・急成長企業
・社長が40代がGOOD

 

 

2018年のテンバガー(10倍株)

2018年にテンバガーした銘柄です。

 

・ジャストプランニング
・ALBERT
・オウケイウェイヴ
・バルクHD
・レノバ共同
・ピーアール
・ブレインパッド
・エスプール
・ソネット・メディア
・すららネット
・地域新聞社
・エムジェネックス
・エクストリーム
・テリロジー

 

2017年のテンバガー(10倍株)

2017年にテンバガーした銘柄です。

 

・サイバーステップ
・ペッパーフード
・アイケイ
・リミックスポイント
・五洋インテックス
・夢展望
・ASJ
・大興電子通信
・北の達人

 

2016年のテンバガー(10倍株)

2016年にテンバガーした銘柄です。

 

・ブランジスタ 
・雑貨屋ブルドッグ 
・さくらインターネット 
・ドーン 
・アキュセラ・インク 
・平田機工 
・MRT 
・ジー・スリー 
・アスコット 
・タツモ 
・ジグソー 
・イグニス 
・グリーンペプタイド

 

 

2015年のテンバガー(10倍株)

2015年にテンバガーした銘柄です。

 

・FVC 
・ガーラ 
・FFRI 
・アイスタイル 
・コンピュータダイナミック 
・サハダイヤモンド 
・カルナバイオ 
・モルフォ 
・エヌジェイ 
・REMIX 
・ラオックス 
・アクセルマーク 
・アイサンテクノロジー 
・宮入バルブ 
・アクロディア 
・RSC 
・健康コーポレーション 
・倉元 
・アートスパーク 
・リアルビジョン

 

まとめ 2019年は過去のテンバガー(10倍株)から学べ 

2019年が始まり新たにテンバガーを探そうと頑張っている方も多いと思います。過去の傾向としては、サービス業・インターネット通信業・IT関連企業が多い感じですね。

大切なことは過去のテンバガーしたチャートから学ぶことです。チャート見続けて、どのような動きをしているかわかれば、いち早く乗ることも可能だと思います。

一からしっかりと勉強して学んで行きましょう。

 

 

お金に関しては無料の講座で学ぶのが非常におすすめです

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。