Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
資産運用

【お金に困らない生き方】豊かになりたければトマ・ピケティを知っておけ!r(資本収益率)>g(経済成長率)

トマ・ピケティのr>gについて知りたいな!どういうことなんだろうか!?豊かに生きたいので教えてください
OK。トマ・ピケティのr(資本収益率)>g(経済成長率)は有名だね。豊かになりたければこの考え方を知っておく必要があるよ

 

≫【ブログ村】投資情報・有名な投資ブロガーはこちら

 

こんにちは! 投資家のSei(@tabirich358)です。

 

あなたはトマ・ピケティをご存知ですか?

以前にも説明をしたのですが、彼が有名になったのは、「21世紀の資本」というです。膨大な歴史データを駆使して、富を持つ人とそうでない人との格差が拡大しているという事実を明らかにした人なのです。

トマ・ピケティで有名なのが、彼が発見したr(資本収益率)>g(経済成長率)という不等式です。どういうことかというと豊かさは働くかどうかというよりも、資産を持っているかどうかで決まるということです。

初めて聞いた人は受け入れられない現実かもしれませんが、資産を持っている人はますます豊かになっていき、働いている人は一生搾取される方ということになります

人生が少しでも豊かになるには、少しでもrの力を利用することなのです。それでは見ていきましょう。

 

 

この記事を読むとわかること

・トマ・ピケティが発見したr(資本収益率)>g(経済成長率)
・3億円ある人は年間で1000万を超える不労所得
・r型人間とg型人間の11の特徴

 

 お金に困らない生き方 豊かになりたければ トマ・ピケティを知っておけ! r(資本収益率)>g(経済成長率)

 

【トマ・ピケティのr>g】21世紀の資本から見る 金持ちはますます豊かになる時代

驚くべきデータがあります。日本、アメリカ、ヨーロッパの上位10%のグループの所得が、国民全体のどれだけを占めているか調査したところ、1960年以前は大きく下げていました(戦争の影響)

この時期の日本は、高い経済成長率の下、所得が右肩上がりでしたので、額に汗して働けば資産の蓄積ができた時代ですので、富の差を感じない時代でした。

 

しかし1980年、90年頃になると上位10%グループの所得のシェアが30〜35%を占めており、近年は経済成長率がほぼ0に近いのにもかかわらず、40%近くまで上昇しているのです(アメリカは45%を超え、ヨーロッパも35%ぐらいです)

これがr(資本収益率)>g(経済成長率)であり、お金持ちがますますお金持ちになっていると言われる所以です。金のあるところは、権力が集中して政治的な発言力にも影響を与えます。まさしく不平等の社会といえるでしょう。

 

トマ・ピケティは言います。

「不平等は今拡大しているが、ちょっと我慢すれば、いずれ成功して万人に裨益(ひえき)する」と言われますが、過去にそうならなかったのに、今後がうまくいくとう保証はどこにもないと感じています

 

消費税増税にも苦言を呈しています。

経済成長を促すとう観点からは、あまりいい結果を生んでいないと思います。万人に関わってくる消費税を上げることが、なぜ日本の成長にとっていいことなのか、納得のいく説明を聞いたことがありません

 

また今後の日本において必要な対策としてこのようにおっしゃられています。

若年層に有利となる税制改革が必要です。パートタイマーや有期雇用労働者への社会的な保護を手厚くすることが重要でしょう。若年層、さらに女性にまつわる不平等は、出生率にも影響します

 

詳しくはこちらの記事が参考になります。

≫投資・金融は1日でも早く学ぶべき理由!トマ・ピケティのr>g・あなたが学べば家族を守れる

 

【トマ・ピケティのr>g】3億円ある人は年間で1000万を超える不労所得を得る

資産を持っている人が、資産を運用することで富を増やしていく例です。

例えば、3億円の資金を持つ人であれば、債券や株式に投資することによって、年間で1000〜1800万程度の収入を得ることができるのです(債権が3.5%、株式が6%程度)。

これは世間でいう不労所得になります。自分が働いて得た労働所得とは別物です。資産がある人は、お金を減らすことなく、資産を生み出す仕組みをもっているのです。

こういう事実を学校では教えてもらえませんから、日本人の多くが労働一直線ですよね。資産運用は早くから学ぶことに意味があるのです。

 

【トマ・ピケティのr>g】r型人間とg型人間の11の特徴

ここでr型人間とg型人間の特徴を載せておきます。r型人間に近づくには、少しでもr型人間の特徴を取り入れることが必要です。

 

r型人間(金持ち脳) g型人間(一般人脳)
稼ぎ方 経営・運営している 労働する
不労所得を歓迎 不労所得が後ろめたい
仕事 仕事の効率化を考える 考える前に仕事にとりかかる
責任を引き受ける 責任を負いたくない
成果を出すのが目標 残業代を稼ぐのが目標
売る仕組みを考える 熱意で売る
組織 共通の目標を持つ 気の合う仲間とつるむ
経営者を目指す 従業員で満足する
収入 内容や質で決まる 時間で決まる
その他 自宅は貸すことも考えて買う 無理してマイホームを買う
読書にお金を使う 読書にお金を使わない

 

まとめ 1日ではも早くr型人間に近づく努力をしよう

ピケティは言います。国による富裕層への課税強化がない限り解決策はないと一昔前と違い国に頼っていても先行き不安だからこそ、自ら動いてr型人間に近づいていく事が必要です

メインの仕事を最小限にして副業に費やした方が全体の収益が高まりますし、場合によっては転職を考えるのも1つの手です。アフター5の使い方も変えていかなければなりません

r>gの不等式の事実を使い豊かになりたければ、r型人間になれるように資産運用を学んでいきましょう今後も、資産運用についてどんどんと発信していきますので、楽しみにしていてください。

 

最後に、僕の好きな言葉の1つであるジョン・F・ケネディの言葉を送ります。

国があなたのために何をしてくれるかを問うのではなく、あなたが国のために何ができるかを問いなさい

 

おすすめ記事
資産運用のからくり! キャッシュフロー・クワドラント これからお金を稼ぎたい人は ビジネスオーナー(B) 投資家(I)になるしかない
【超基本】資産運用のからくり!これからお金を稼ぎたい人の考え方・ビジネスオーナーか投資家になるしかない・キャッシュフロー・クワドラント今回、お金を増やす方法として基本の考え方であるキャッシュフロー・クワドラントについて説明します。大前提として労働しているだけではお金は増えていきません。資産運用しなければ増えません。最初に、キャッシュフロー・クワドラントには、E=従業員・S=自営業者・B=ビジネスオーナー・I=投資家があり、豊かになるには、ビジネスオーナーか投資家にならなければなりません。その為に本業の時間を減らして、最初に投資を始めることをおすすめしています。そしてブログやYoutubeでビジネスオーナーを目指したりして、資産を増やしていく方法を紹介です。資産運用のおすすめ本を4つ、バカでも稼げる「米国株」高配当投資 、エッセンシャル思考、図解ユダヤ人大富豪の教え、金持ち父さんのキャッシュフロ-・クワドラントです。ビジネスオーナーと投資家を目指して頑張りましょう。...
短期投資と長期投資について考える
【投資戦略】短期で儲けて長期で運用するが賢くない!?初心者の株・FX・仮想通貨・米国株・インデックス投資今回紹介するのは、短期投資の魅力と長期投資の魅力です。短期投資で人生を一発逆転を狙う人が多いですが、リスクは大きいです。そこで有料のサロンに入って、しっかりと学ぶことが大事です。サロンには月に何千万円や何億円を稼ぐ人が沢山います。その勝っている人からしっかりと学ぶことが近道でしょう。そして長期投資では、米国株やインデックス投資を使い、複利の力でお金持ちを目指すことです。若いうちからコツコツ積み上げていくと、複利の力で資産が倍になっていくのです。この短期投資と長期投資を組み合わせることが人生逆転の近道と考えています。...

 

≫【ブログ村】投資情報・有名な投資ブロガーの情報はこちらから

 

お金に関しては無料の講座で学ぶのが非常におすすめです

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。