Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
高校野球

2018年ドラフト注目の野村大樹(早稲田実業)!清宮幸太郎の次を打った4番打者の指名球団は?

こんにちは! 野球選手の名言研究家であり、野球の家庭教師&野球の本を出版したSei(@tabirich358)です。

 

2018年夏の高校野球も終わり、10月25日のドラフトまであと少しですね。甲子園で活躍した選手、地元で頑張っていた選手がどこの球団に指名されるのか気になっているのは僕だけでしょうか?

野球ファンならば、応援していた選手がどこの球団に行くのか気になりますよね。そこで今回、早稲田実業高校野村大樹選手を紹介します。

 

それでは早速プロフィールから見ていきましょう。

 

【プロフィール】野村大樹(早稲田実業)

2018年ドラフト注目の野村大樹(早稲田実業)!清宮幸太郎の次を打った4番打者の指名球団は?

参照 高校野球.com

 

  • 名前 野村 大樹(のむら だいじゅ)
  • 生年月日 2000年9月10日
  • 出身地 兵庫県
  • 身長 172cm
  • 体重 82kg
  • ポジション 三塁手・捕手
  • 投打 右投げ右打ち

 

【特徴】高校通算68本塁打!小さい体ながらパワフルなスイング

中学時代は、枚方ボーイズに在籍していましたが、途中から大阪福島リトルシニアに移ります。その後、U-15日本代表に選ばれ5番1塁手として試合に出場しています。

 

早稲田実業高校に入学後は、清宮選手がいる中で1年夏よりチームの4番として出場しています。1年生秋の公式戦では11試合で4本塁打という活躍で、明治神宮大会準優勝に大きく貢献しました。

野村選手が後ろで活躍することで清宮選手のマークが緩くなり、相手チームも嫌であったことでしょう。

2年生の春には甲子園に出場しています。甲子園出場は、この1度きりとなります。

3年生になるとチーム事情から捕手を任されることになり、また清宮選手が抜けてからマークがきつくなったこともあり、打撃に苦しんだ時期もありました。しかし夏の八王子戦では2本のホームランを放つ活躍を見せて、順調に成長した姿を見せてくれました。

 

野村選手の特徴は、体は小さいですが全体を使ってスイングすることです。そして綺麗な放物線を描いてスタンドインする打球が多いのもホームランバッターとしての特徴です。右方向への強い打球が打てるのもセンスの良さを感じさせてくれます。高校通算68本塁打を放ったパワーは、だてではありません。

遠投は100mという強肩で、捕手や三塁手をこなします。ミート力、パンチ力は超高校級というのがネット裏のスカウトの見解のようです。

 

野村大樹の特徴
  • キャプテン
  • 高校通算68本塁打
  • 50mは6.3秒
  • 身長が低いがパワーでカバーできる
  • 遠投100m
  • 1年時から清宮選手の後ろで4番を打つ
  • 清宮選手の1年生時の通算本塁打を本塁打23本打って抜き去る
  • パンチ力は超高校級

 

2018年のドラフトで、同じ大型内野手の長距離砲の太田選手、同じく関東の長距離砲の野村選手の情報も一緒にどうぞ。

 

2018年ドラフト注目の太田椋(天理)!坂本勇人2世と期待の大型内野手の指名球団は?
2018年ドラフト注目の太田椋(天理)!坂本勇人二世と期待の大型内野手の指名球団は?2018年のドラフト会議に向けプロ志望届を提出した太田椋選手の詳細をまとめました。野球本の出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。太田選手の特徴は、坂本勇人二世と言われる才能です。高校通算31本塁打から強肩の肩に安定した守備など三拍子揃っています。ドラフトとの指名球団予想からエピソードまで詳しく解説しています。...
2018年ドラフト注目の野村佑希(花咲徳栄)!高校通算58本塁打はプロの球団指名は投手か打者か
2018年ドラフト注目の野村佑希(花咲徳栄)!高校通算58本塁打はプロの球団指名は投手か打者か2018年のドラフト会議に向けプロ志望届を提出した花咲徳栄高校の野村佑希選手の詳細をまとめました。野球本の出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。キャプテンでエースで4番、アメリカ国籍もあり、ミドルネームはジェームス。彼の指名する球団は日本ハムか地元西武か? ...

 

【県大会と甲子園の成績】公式戦の通算成績は驚異の打率444に8本塁打

野村選手の甲子園での成績を見てみましょう。2017年の春に2試合に出場しています。打率が556という高打率をたたき出しています。

予選などを含めた公式戦通算成績を見てみましょう。29試合で打率が444に本塁打が8本、打点が42打点と打ちまくっています。野村選手の勝負強さが分かる素晴らしい成績です。

 

甲子園での成績

バッティング
  • 打率 556
  • 本塁打 0
  • 打点 2

 

公式戦通算成績

バッティング
  • 打率 444
  • 本塁打 8
  • 打点 42

 

 

【映像】野村選手の実際の映像

野村選手の実際の映像です。タイミングの取り方の上手さがわかります。

 

 

»関連記事:今後の活躍をを見るならスカパー!で決まり

 

【エピソード】早稲田大学かプロ野球選手か?プロに行きたい

野村選手にまつわるエピソードが沢山あります。

 

王会長が野村にご執心だというのです。あの長打力は捨てがたいとね。いまのソフトバンクに自分の後輩となる早実出身の選手がいないことも背景にはあるのでしょう。 スカウトには早実出身の選手を取って欲しいという要望が出ていて、担当外のスカウトがわざわざ野村の打撃をチェックしに出向いたという話もあるくらいです。

早実の生徒はほぼ100%に近い割合で、早大に進学できる。昨年、プロ志望届を提出すればドラフト1位指名が確実視された清宮幸太郎(現日本ハム)ですら早大進学かプロ入りか最後まで悩んでいた。昨秋のリーグ戦で70年ぶりの最下位に沈んだ早大野球部にしても、系列校のスラッガーは当然、早大に進学してくるものだと思っているし、それなりの攻勢もかける。そんな状況下で、昨年の清宮に続き、2年連続で早実の強打者がプロ入りを表明した。

早大進学が鉄板視されていただけに、早々に志望届を提出したことにプロのスカウト陣から驚きの声が上がった。ちなみに大学の推薦枠を確保しつつプロから指名されなければ進学というプロ待ちを早大は認めていない

「大学かプロかを決めるときに、小さい頃からの夢だったプロに行きたい気持ちが強くなった。自分を必要としてくれる球団であればどこでもお世話になりたいです」

プロ志望をした理由には、清宮選手が1年目からプロで活躍している姿を見せた事も、「少なからず影響はありました」と話している。「志望届を出すとき、1番に報告しました」と清宮選手に真っ先に報告をし、清宮選手からは「そうか。よく決めたな」と連絡があったという。

 

【プロ野球選手に例えると】小久保裕紀(元侍ジャパン監督・元ソフトバンク)

野村選手に似ているプロ野球選手は、元侍ジャパン監督でもありソフトバンク出身の小久保裕紀氏です。放物線のように描く軌道のホームランは、現役時代の小久保裕紀氏にそっくりです。同じ三塁手を守るあたりからもお手本となるのではないでしょうか?

 

小久保選手は練習の虫でしたが、野村選手も同じ努力家です。プロ野球で4番バッターとして放物線を描くホームランを打つ姿が見られる日も近いかもしれません。

 

 

【ロッテ】打撃は高校生のトップクラス

【日本ハム】体幹が強くてしっかり振れる。あれだけ振れれば体が小さくても関係ない。高校生では打撃はいいものを持っている。捕手としても周りが見られるようになってきた

【日本ハム】図抜けた能力。勝負強さもある

【巨人】肩が強くて振る力もある。背が高いわけではないが、それを感じさせない特徴を持った選手

【広島】勝負強く、野球をよう知っとる。出合い頭の一発は危ない

【広島】1年生のときからビックリした!専門家(プロ)が見ても惚れ惚れとする、自分のポイントを持っている。体勢が崩されても、当てにいくのではなく、下半身の粘りで振れる。タイミングを取るうまさは清宮(北海道日本ハム)よりも上。穴がない。大学、社会人、プロとどこへ進むにしても、打率は残すでしょう

【広島】スローイングもいい。どこでも守れる。他球団の評価も高いのでは……

【オリックス】売りはやはり、打撃です。ガッツがあって、清宮とは違うキャプテンシーもある。清宮選手の影響を、少なからず受けたとは思いますが、守る位置を含めて、確立していない部分がある。本人が手を挙げたら(プロ志望届を提出)、興味を示す球団はあるはず。今年も引き続き、視察させてもらいます

【中日】勝負強いし思い切りが良いと打撃面を高評価

 

【ドラフト指名予想】ソフトバンク王会長が求める早実出身のスター選手

ソフトバンクの指名が予想されています。おそらくドラフト3位までには消える可能性が高いです。特に王会長の出身である早稲田実業出身のスターであることも一つの要因と噂されています。

ソフトバンクの松田宣浩選手も35歳と高齢になっていますので、後釜としてサードが守れる野村選手がピッタリだと思われます。

また、巨人、ロッテ、西武、広島、日ハムあたりのスカウトが高評価をしています。

 

 

【10月25日】2018年プロ野球ドラフト会議

いよいよ2週間後にはドラフト会議が始まります。9月10日に野村選手もプロ志望届を提出されました。

ソフトバンクが早々と指名するのか?それとも今年注目の根尾選手小園選手を取りに行くのか?松田選手の後継者としてソフトバンクで活躍をする姿も楽しみですが、本人は12球団OKということなので、運命のドラフトの日を楽しみたいと思います。

 

»関連記事:今後の活躍をを見るならスカパー!で決まり

 

同じドラフト上位指名が予想される大型内野手の天理太田選手や、同じく三塁手の花咲徳栄野村選手ドラフト予想球団も合わせてどうぞ

 

2018年ドラフト注目の太田椋(天理)!坂本勇人2世と期待の大型内野手の指名球団は?
2018年ドラフト注目の太田椋(天理)!坂本勇人二世と期待の大型内野手の指名球団は?2018年のドラフト会議に向けプロ志望届を提出した太田椋選手の詳細をまとめました。野球本の出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。太田選手の特徴は、坂本勇人二世と言われる才能です。高校通算31本塁打から強肩の肩に安定した守備など三拍子揃っています。ドラフトとの指名球団予想からエピソードまで詳しく解説しています。...
2018年ドラフト注目の野村佑希(花咲徳栄)!高校通算58本塁打はプロの球団指名は投手か打者か
2018年ドラフト注目の野村佑希(花咲徳栄)!高校通算58本塁打はプロの球団指名は投手か打者か2018年のドラフト会議に向けプロ志望届を提出した花咲徳栄高校の野村佑希選手の詳細をまとめました。野球本の出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。キャプテンでエースで4番、アメリカ国籍もあり、ミドルネームはジェームス。彼の指名する球団は日本ハムか地元西武か? ...