投資用語

【No2】投資初心者のための用語一覧!人生逆転・株・仮想通貨・FX・分析・投資信託・米国株

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。

 

 

投資初心者のための投資用語を解説します。今回は基本的な言葉を一覧にしてみました。第2回目です

 

こんにちは! 投資家&複業家のSei(@tabirich358)です。

 

今回も投資の基本的な言葉を一覧にしてみました。第2回目です。やっぱり言葉を知らなかったら何のことかわかりませんからね。投資を始めるのが簡単になるように基本的な言葉から覚えていきましょう。

 

 

この記事を読むとわかること

・投資の基本用語

 

投資の基本用語一覧(順不同) 全部覚えちゃおう

投資の基本用語一覧(順不同) 全部覚えちゃおう2

 

外国人買い

外国人投資家が日本株を買うこと。海外の投資信託、保険会社などの機関投資家や大口投資家による買いをいう

 

株式分割

1株いくつかに分割し、発行済株式数を増やすこと。取締役会の決議で決まる

例として株を2株に分割すれば2倍になるが、理論上は価値も半分になるので資産価値は変わらない。ただ株数が増えるので流動性が高まり、売買しやすくなる。また、1株配当を据え置いたままの2分割なら配当も2倍になる

 

逆張り・順張り

下落局面で買い、上昇局面で売ること。相場のトレンドに逆らった投資法。その反対が順張り

 

権利確定日

分割や配当、株主優待などの権利が株主に与えられることが確定する日。この日、株主として記載されることで権利が確定する。ただし、確定日から数えて4営業日までに株を保有していなければならない

例として3月31日が確定ならば3月28日には保有している必要がある。この日に株を買い、翌日に売却しても権利が与えられる

 

下げ渋る

下落しそうなのになかなか下がらない状況や下落トレンドが弱まった状況をいう

 

塩漬け

買値より大きく下落した銘柄を売却せずに長期保存している状態

 

時価総額

個別銘柄の時価総額は株価を発行済み株式数でかけた額で表される。また上場している各銘柄の時価総額の合計が全上場銘柄の時価総額となる

 

ストップ高・ストップ安

証券取引所では1日あたりの株価の変動幅を決めている。これを値幅制限というが、制限の上限まで上がることをストップ高、反対に制限の下限まで下がることをストップ安という

 

損切り

買値より下落した保有株を損を覚悟で売却すること

 

高値

株価が高い状態。高い状態で買うことを高値づかみ、終値がその日の高値をつけることを高値引けという。また上昇トレンドが続き、その反動で下がるのではないかとの心配が市場に漂うことを高値警戒感と呼ぶ

 

ダウ工業平均(NYダウ)

アメリカのダウ・ジョーンズ社が算出する株価指数。構成銘柄は30銘柄。ニューヨークダウなどとも呼ばれる。他にダウ輸送株20種平均、ダウ公共株15種平均がある

 

強含み

現在の株価が高いが、さらに上がりそうな気配を感じさせること。反対が弱含み

 

連れ高・連れ安

ある銘柄に好材料が出て株価が上昇したのにつられ、関連銘柄や同じ業種の銘柄も上がること。反対が連れ安

 

ディフェンシング銘柄

食品、薬品、電力、ガスなど景気や相場環境に株価が左右されにくい銘柄

 

TOPIX(トピックス)

TOPIX(トピックス)。東証一部上場全銘柄の時価総額の合計を全銘柄数で割った数字になります

 

日経平均株価

日経平均株価とは、日本の代表的な株価指標として知られており、日本を代表する225銘柄の上場株式の平均株価になります

 

内需関連株

建設、不動産など国内に主要な事業基盤がある業種の株

 

投げ売り

下落相場において、さらなる下落で損出が拡大すると予想される保有株を損を承知で売却すること

 

ナンピン

ある銘柄の株価が買値より下がったとき、平均取得価格を下げるため、同じ銘柄を下落した価格でさらに買い増しすること

 

年初来高値・年初来安値

その年で最高の株価。反対が年初来安値

 

半値戻し・半値押し

株価の下落後、下落した値幅の半分ぐらいまで上昇すること。反対に上昇後に上昇分の半値ぐらい下げることを半値押しという

 

反発

下げ基調が上昇に転じること。上昇基調が下げに転じると下落という

 

PER(ピーイーアール)Price Earnings Ratio

株価収益率。現在の株価が1株あたりの利益の何倍かを知る数値。数値が低いほど株価は割安ということになる。株価が同じなら、PERが低いほうが割安となる

PER10倍以下、あるいは10倍から15倍が割安で将来的に株価が伸びる可能性があるという説もあるが、必ずではない

 

PBR(ピービーアール)Price Book-value Ratio

株価純資産倍率。株価を1株あたりの純資産(BPS)で割った数値。BPSは純資産(資産から負債を引いた額)を発行済株式数で割って求める。PBR1倍を基準に、倍率が低いほど株価は割安となる

 

まとめ 【No2】投資初心者のための用語一覧!

こんな感じで投資昇進者でもわかるように投資用語を解説していきます。もちろん自分自身の勉強にもなるのでこれから投資を始める人は参考にしてください。

 

 

お金に関しては無料の講座で学ぶのが非常におすすめです

投資を始めたい人お金について学びたい人は、「ファイナンシャルアカデミー」という講座が優れいているのでチェックしてみてください。

ファイナンシャルアカデミー

 

ファイナンシャルアカデミー」は、45万人もの方が受講している講座で、日本経済新聞にも取り上げられるぐらい有名です。お金に関する将来の不安を無くしたい方へ無料でおこなってくれています

お金に関して不安をお持ちの方は無料講座を受けてみてください。巷にある怪しいセミナーとは違うので安心してもらって大丈夫です。