Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
野球ドラフト

【最新】2019年ドラフト注目の西純矢(創志学園高校)投手!MAX150キロ右腕は前田健太の投球を目指す

こんにちは! 野球選手の名言研究家であり、野球の家庭教師&野球の本を出版したSei(@tabirich358)です。

 

2018年10月25日のドラフトが終わりました。甲子園で活躍した根尾選手、藤原選手、小園選手がドラフト1位の争奪戦となり盛り上がりましたね。そんな盛り上がりを見せた2018年のドラフトですが、次の年の注目選手が気になるのは僕だけでしょうか?

野球ファンならば、誰よりも早く来年の注目される選手の情報を知りたくなります。そこで今回、2019年の注目選手を紹介します。その選手は創志学園高校西純矢選手です。

西選手と言えば、甲子園で投球後に繰り出す派手なガッツポーズ賛否両論わかれました。ガッツポーズの善し悪しは置いておいてMAX150キロ右腕の西選手の特徴を解説していきたいと思います。

 

それでは早速プロフィールから見ていきましょう。

 

【プロフィール】西純矢(創志学園高校)岡山県

【最新】2019年ドラフト注目の西純矢(創志学園高校)投手!MAX150キロ右腕は前田健太の投球を目指す

参照 Non Media

 

  • 名前 西 純矢(にし じゅんや)
  • 生年月日 2001年9月13日
  • 出身地 広島県
  • 身長 183cm
  • 体重 79kg
  • ポジション 投手
  • 投打 右投げ右打ち

 

【特徴】キレイ投球フォームからMAX150キロを投げる

西選手の中学時代は、ヤングひろしまでプレーしています。夏にはNOMOジャパンに選ばれてアメリカ遠征も経験しています。

 

中学卒業後は、岡山県にある創志学園高校に進学します。1年生の頃からベンチ入りして、夏の岡山県大会では、リリーフとして6試合中4試合に登板し4回2/3を6安打6奪三振6失点という成績でした。

1年生秋の県大会では、準決勝で倉敷商業高校に敗れてしまい、続くおかやま山陽高校にも、3位決定戦で敗れたため、甲子園の道が絶たれました。

2年生夏の県大会は、準決勝で倉敷商業高校と対戦。プロ注目引地秀一郎選手に完封で投げ勝つと、決勝でも岡山学芸館高校相手に、9回を6安打2失点で完投してMAX150キロを記録、甲子園出場を決めました。
県大会の投球成績は、4試合で28回を投げて33奪三振9四死球の4失点防御率1.29と素晴らしい数字を残しています。

 

夏の甲子園では、1回戦の創成館高校戦で、6者連続を含む毎回の16個の三振を奪う好投を見せて一躍全国区の投手となりました。試合内容は、4安打無四死球完封勝利と完璧な投球でした。

ちなみに2年生の16三振以上の無四死球での完封は、1948年の学制改革以降、初の快挙だそうです。西選手は「野球人生で一番いいピッチングでした」と語っています。

2回戦の下関国際高校戦では、序盤リードするも、9回に3点を獲られ、4-5と逆転負けをして甲子園を後にしました。

 

この甲子園で西選手の投球後に関するガッツポーズで世間の評価が賛否両論別れました。西選手は試合が始まってすぐ球審から「必要以上のガッツポーズをしないように。試合のテンポを良くするために、早くプレートについて」と注意を受けていたそうです。

西選手は、自然に雄叫びやガッツポーズが出る気持ちを前面に出すタイプのピッチャーです。この注意によって「(打者ではなく)審判と勝負してしまった。気持ちのあせりが態度に出てしまった」とリズムを崩したそうです。

17歳の子が世間から色々と言われてしまうのは可哀そうな気もしますが、将来的に上の世界で勝負していく選手だと思いますので、大きく成長する為に自分に必要な事だと前向きに取り組んでもらえたらと思います。

 

西選手の特徴は、MAX150kmキロのストレートに、フォームがきれいということです。OBの巨人の高田萌生選手をお手本にしているようです。変化球は、スライダー、チェンジアップ、フォークなど操ります。

 

最新情報です。岡山県大会を3位で勝ち上がった創志学園高校は、中国大会に進み1回戦で鳥取城北と対戦をして9対3で勝ち、2回戦進出を決めています。順当に勝ち上がれば、2019年の春のセンバツの切符が手に入ります。

 

西純矢の特徴
  • 中学時代にNOMOジャパンに選出
  • U-18日本代表の1次候補
  • MAX150キロ
  • 変化球はスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ
  • 投球フォームがキレイ

 

この世代のBIG4と呼ばれる西選手以外の星稜高校奥川恭伸選手、大船渡高校佐々木朗希選手、横浜高校の及川雅貴選手の情報も要チェックです。随時更新しますのでお楽しみに。

 

【最新】2019年ドラフト注目の及川雅貴(横浜高校)!MAX152キロの本格左腕は菊池雄星の再来か
【最新】2019年ドラフト注目の及川雅貴(横浜高校)投手!MAX152キロの本格左腕は菊池雄星の再来か【最新情報】2019年のドラフト会議で指名されるであろう横浜高校の及川雅貴選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。MAX152キロの及川選手は、2回の甲子園で登板をしており1年時にはベスト4の秀岳館相手に3回を0失点でMAX142キロのデビューをしております。大型左腕は菊池雄星の再来との噂も。特徴からエピソード、映像と詳しく解説しています。...
【最新】2019年ドラフト注目の佐々木朗希(大船渡高校)!MAX157キロで大谷翔平越えは大阪桐蔭を断る
【最新】2019年ドラフト注目の佐々木朗希(大船渡高校)投手!MAX157キロで大谷翔平越えは大阪桐蔭を断る【最新情報】2019年のドラフト会議で指名される高校球児をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。大船渡高校の佐々木選手は、身長189センチと大柄な体格からMAX157キロのストレートを投げ大谷翔平二世と話題を呼んでいます。間違いなく2019年のドラフト1位指名選手です。160キロも夢ではありません。130キロ台のスライダーのキレ味も素晴らしく、まだ伸びる選手です。佐々木選手の特徴からエピソードを詳しくお伝えします。...

 

 

【甲子園の成績】防御率2.00で甲子園で奪った三振は25個

西選手の甲子園出場は、2018年の夏だけになります。2試合に登板をして、7安打25三振9四死球の自責点4防御率が2.00という素晴らしい数字を残しています。さらに1回戦でMAX149キロ、2回戦でMAX148キロを記録しています。

 

甲子園の成績

西純矢のピッチング
  • 試合数 2
  • 投球回数 18
  • 三振 25
  • 四死球 9
  • 失点 4
  • 防御率 2.00

 

【映像】西純矢選手の実際の映像

西選手の実際の映像です。気合が入った投球にMAX150キロ右腕が16奪三振と快投を演じている映像です。

 

 

»関連記事:プロ野球・大学野球・ドラフト情報はスカパー!で決まり

 

【エピソード】憧れの選手はドジャースに前田健太選手と鈴木誠也選手

西選手にまつわるエピソードです。まだまだ少ないですが、随時、更新をしていきます。

 

西投手の投げるフォークは、中学時代にNOMOジャパンでアメリカ遠征した時に、野茂総監督から直接教わったものだそうです。西投手はこのボールをわずか2日で取得しています

オリックスの西勇輝投手と親戚という噂です

帽子のつばには「10.11」と言う数字が書かれてあります。「10.11」というのは、高校1年生の時に突然亡くなった父親の雅和さんの命日です。雅和さんは、生前「私が学生のころに野球をさせてもらえなかったこともあり、息子が野球をしたいと言ったときはうれしかった」とインタビューに答えられています

甲子園で敗れたあとの監督の言葉「打たれて覚えることはある。西にとっていい勉強になったと思うが、これから、西1人のチームにしないことが大事。負けを肥やしにしてやっていきたい」

憧れの選手はドジャースに前田健太選手と鈴木誠也選手だそうです。寮にあるパソコン1台あるのですが、西選手が一番使っています。前田さんと自分の投球の動画を重ね合わせながら、特に間合いや下半身の使い方などを重点的に何度も照らし合わせているそうです

 

【プロ野球選手に例えると】大リーグ ドジャースの前田健太

西選手をプロ野球選手に例えると大リーガーであるドジャースの前田健太選手です。投球フォームを研究しているということもあり、フォームが似ています

スピードボールは充分で、コントロールも安定しているので、変化球の精度が上がれば前田選手のような大投手になりそうな逸材です。

 

【巨人】ボールがキレている。スライダーも良いところに曲がるしキレもある

【ソフトバンク】ハートの強さもプロ向き

【楽天】腕が振れ、カーブでもスライダーでもストライクが取れる今年でも候補に入る投手。もっと良くなるだろうし、来年が楽しみ

【楽天】ウチの則本タイプかな。来年の(ドラフト)上位候補としてみていく

【オリックス】きっちりコースに投げ分けることができるし、球に力がある。来年のドラフトでは間違いなく上位候補ですね

【オリックス】県大会と比べると抜群にいい。2年生でこの投球ができれば来年が楽しみ。3年生の中に入っても遜色ない

【ロッテ】腕の振りがいい。だから打者はスライダーを振ってしまう。球も強い。来年の上位候補になるでしょう。横浜・及川、大船渡・佐々木、星稜・奥川、菰野・岡林と来年は楽しみな投手が多い

【ロッテ】1球目から気迫の投球をしていたし、球速も変化球も楽しみ。来年(ドラフトで)名前が挙がるでしょう

【広島】今日まで見た投手の中で一番いい速さ、キレ、コントロール、力強さ、度胸。何を取っても素晴らしい。センスも感じる。来年の1位候補になる

【広島】来年のドラフト1位。現時点で今大会NO1投手

【阪神】真っすぐに力があったし、同じ腕の振りで投げるスライダーは切れがあった。このままいけば来年のドラフトは上位候補だね

【阪神】このまま順調にいけば、来年はドラフト上位候補。同じ腕の振りで、直球とスライダーを投げられるのがいい

【阪神】腕が振れるし、スライダーのキレがいい。このまま順調に育てば、来年は上位で消えるでしょう

【DeNA】仙ちゃん(星野仙一氏)みたいだね。気持ちの強さが見える

【巨人】2年生でU18の代表候補に選ばれるほどだから、実力のある投手なのは分かっているけど、あらためていい投手だと再確認した。ボールが指を離れてからミットに入るまでの軌道がいい。それは投げ方がよく、ボールの質もいいから。来年がすごく楽しみ

【巨人】現時点では金足農の吉田君、西君がトップランク。スピード、キレ、変化球ともに良かった。ボールのラインも素晴らしいです

【中日】今年でもドラフト候補。力と技を兼ね備えています。クロス気味に入ってきてスピード、キレともトップレベル

【中日】来年のドラフト1位候補なのは間違いない。特に直すところはない。今年でも1位に入る。このまま体力がレベルアップしていけば、ものすごい投手になる

【中日】角度とキレがいい。特に(右打者は)アウトローへの球のキレには手も足も出ない。来年の目玉になる

【ヤクルト】これから1年かけて見ていきます。楽しみな投手。タイプは(元中日の)朝倉(健太)みたいだね

 

【ドラフト指名予想】広島東洋カープ

西選手の指名予想をします。西選手におすすめな球団は地元である広島東洋カープです。

広島は、毎年、先発投手が入れ替わったりしますが、素晴らしい投手が次々と現れます。西選手が入団しても、じっくりと育てることが出来ること、先発が足りない時などに経験値として登板するチャンスが与えてもらえそうな球団です。

また地元広島ファンは、広島出身の西選手を温かく迎え入れてくれるでしょう。一つ上の小園選手と将来の広島をさらに盛り上げてもらえたらと思います。

 

»関連記事:プロ野球・大学野球・ドラフト情報はスカパー!で決まり

 

2019年の高校野球は、及川選手を含めたBIG4が凄いと騒がれています。星稜高校奥川恭伸選手、大船渡高校佐々木朗希選手、横浜高校の及川雅貴選手の情報もご一緒にどうぞ。

 

【最新】2019年ドラフト注目の及川雅貴(横浜高校)!MAX152キロの本格左腕は菊池雄星の再来か
【最新】2019年ドラフト注目の及川雅貴(横浜高校)投手!MAX152キロの本格左腕は菊池雄星の再来か【最新情報】2019年のドラフト会議で指名されるであろう横浜高校の及川雅貴選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。MAX152キロの及川選手は、2回の甲子園で登板をしており1年時にはベスト4の秀岳館相手に3回を0失点でMAX142キロのデビューをしております。大型左腕は菊池雄星の再来との噂も。特徴からエピソード、映像と詳しく解説しています。...
【最新】2019年ドラフト注目の佐々木朗希(大船渡高校)!MAX157キロで大谷翔平越えは大阪桐蔭を断る
【最新】2019年ドラフト注目の佐々木朗希(大船渡高校)投手!MAX157キロで大谷翔平越えは大阪桐蔭を断る【最新情報】2019年のドラフト会議で指名される高校球児をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。大船渡高校の佐々木選手は、身長189センチと大柄な体格からMAX157キロのストレートを投げ大谷翔平二世と話題を呼んでいます。間違いなく2019年のドラフト1位指名選手です。160キロも夢ではありません。130キロ台のスライダーのキレ味も素晴らしく、まだ伸びる選手です。佐々木選手の特徴からエピソードを詳しくお伝えします。...

 

RELATED POST