Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
野球ドラフト

2018年ドラフト結果!根尾選手、藤原選手、小園選手は競合!指名球団の投手や野手情報

ドラフト大好き! 野球選手の名言研究家であり、野球の家庭教師&野球の本を出版したSei(@tabirich358)です。

 

本日の10月25日は、プロ野球のドラフト会議の結果がでました。僕が特集してきた選手は、果たしてドラフトで指名されたのか?

根尾選手や藤原選手、小園選手の複数指名の競合もありました。果たして結果はどうなったのか?

 

2018年10月25日のドラフト結果

2018年ドラフト結果!根尾選手、藤原選手、小園選手は競合!指名球団の投手や野手情報

 

本日、プロ野球のドラフト会議の結果が出ました

大阪桐蔭高校の根尾選手は、ヤクルト、巨人、中日、日本ハムの4球団で競合して、中日が交渉権を獲得しました。同じく大阪桐蔭高校の藤原選手は、ロッテ、阪神、楽天の3球団が競合して、ロッテが交渉権を獲得しました。

報徳学園高校の小園選手は、広島、ソフトバンク、DeNA、オリックスの4球団が競合して広島が交渉権を獲得しました。

 

有名な高校生が均等に競合されたことには驚きました。金足農業の吉田選手は、日本ハムが外れ1位で単独指名して獲得しています。結果的に日本ハムは、昨年の清宮選手といい甲子園を沸かした選手を2年連続で獲得できたことになりました。

 

»関連記事:プロ野球・大学野球・ドラフト情報はスカパー!で決まり

 

広島東洋カープ

広島は、小園選手を4球団の競合から獲得できたのが大きいですね。菊池選手との二遊間も期待できそうです。即戦力、高校生と投打でバランスよく取れた満点のドラフトです。

 

指名順 選手名 ポジション 所属
1 小園海斗 報徳学園
2 島内颯太郎 九州共立大学
3 林晃汰 智辯和歌山
4 中神拓都 市岐阜商
5 田中法彦 菰野
6 正隨優弥 亜細亜大学
7 羽月隆太郎 神村学園
育1 大盛穂 静岡産業大学

 

東京ヤクルトスワローズ

ヤクルトは根尾選手を抽選で外し、さらに上茶谷も取れなかったので厳しいドラフトとなりました。しかしその後に即戦力と高校生の投打をバランスよく取れたのが狙い通りだという感じです。

 

指名順 選手名 ポジション 所属
x 根尾昴 大阪桐蔭
x 上茶谷大河 東洋大学
1 清水昇 国学院大学
2 中山翔太 法政大学
3 市川悠太 明徳義塾
4 濱田太貴 明豊
5 坂本光士郎 新日鉄住金広畑
6 鈴木裕太 日本文理
7 久保拓眞 九州共立大学
8 吉田大成 明治安田生命
育1 内山太嗣 栃木ゴールデンブレーブス
育2 松本友 福井ミラクルエレファンツ

 

読売ジャイアンツ

巨人は、根尾選手が取れなかったのが誤算でした。そして辰巳選手も外してしまったので、即戦力投手に切り替え八戸学院大学の高橋選手の獲得しました。しかし予定とはだいぶ違う結果になったことが厳しいドラフトとなりました。

 

指名順 選手名 ポジション 所属
x 根尾昂 大阪桐蔭
x 辰己涼介 立命館大学
1 高橋優貴 八戸学院大学
2 増田陸 明秀日立
3 直江大輔 松商学園
4 横川凱 大阪桐蔭
5 松井義弥 折尾愛真
6 戸郷翔征 聖心ウルスラ
育1 山下航汰 健大高崎
育2 平井快青 岐阜第一
育3 沼田翔平 旭川大
育4 黒田響生 敦賀気比

 

横浜DeNAベイスターズ

小園選手を外すも上茶谷選手を競合のすえ獲得できたことが良かったです。投打の即戦力を先に指名して将来性のある高校生を獲得できたのはバランスの良いドラフトになりました。

 

指名順 選手名 ポジション 所属
x 小園海斗 報徳学園
1 上茶谷大河 東洋大学
2 伊藤裕季也 立正大学
3 大貫晋一 新日鉄住金鹿島
4 勝又温史 日大鶴ヶ丘
5 益子京右 青藍泰斗
6 知野直人 新潟アルビレックスBC
育1 宮城滝太 滋賀学園

 

中日ドラゴンズ

根尾選手を4球団の競合のすえに獲得できたことが100点満点のドラフトとなりました。岐阜県出身の有名選手を地元の中日が取れたことで、今年の松坂選手に次ぐスター選手の誕生で名古屋が盛り上がりそうです。

 

指名順 選手名 ポジション 所属
1 根尾昂 大阪桐蔭
2 梅津晃大 東洋大学
3 勝野昌慶 三菱重工名古屋
4 石橋康太 関東第一
5 垣越建伸 山梨学院
6 滝野要 大阪商業大学

 

阪神タイガース

阪神も藤原選手を外し、辰巳選手も取れなかったことで、当初の予定とは大きくかわってしまったと思われます。しかし、即戦力選手を中心に獲得したことで、来期の巻き返しを狙えるドラフトになったのかなと感じです。

 

指名順 選手名 ポジション 所属
x 藤原恭大 大阪桐蔭
x 辰己涼介 立命館大学
1 近本光司 大阪ガス
2 小幡竜平 延岡学園
3 木浪聖也 Honda
4 齋藤友貴哉 Honda
5 川原陸 創成館
6 湯浅京己 富山GRNサンダーバーズ
育1 片山雄哉 福井ミラクルエレファンツ

 

埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズは、単独で即戦力投手の松本選手を獲得しました。これは情報戦を制した作戦が成功しました。確実に1位で即戦力投手を取り、将来性のある渡邊選手を2位にとれたことは100点満点のドラフトだと思います。

 

指名順 選手名 ポジション 所属
1 松本航 日本体育大学
2 渡邉勇太朗 浦和学院
3 山野辺翔 三菱自動車岡崎
4 粟津凱士 東日本国際大学
5 牧野翔矢 遊学館
6 森脇亮介 セガサミー
7 佐藤龍世 富士大学
育1 東野葵 日本経済大学
育2 大窪士夢 北海
育3 中熊大智 徳山大学

 

福岡ソフトバンクホークス

ソフトバンクも、小園選手を外し、辰巳選手も取れなかったことが当初の予定を大きく変えることになりました。しかしドラフト1位で甲斐選手、当初の予定通りの野村大選手を取れたことで結果的に良いドラフトになった感じです。

 

指名順 選手名 ポジション 所属
x 小園海斗 報徳学園
x 辰己涼介 立命館大学
1 甲斐野央 東洋大学
2 杉山一樹 三菱重工広島
3 野村大樹 早稲田実
4 板東湧梧 JR東日本
5 水谷瞬 石見智翠館
6 泉圭輔 金沢星稜大学
7 奥村政稔 三菱日立パワーシステムズ
育1 渡邉陸 神村学園
育2 岡本直也 東京農業大学北海道オホーツク
育3 重田倫明 国士舘大学
育4 中村宜聖 西日本短大付

 

北海道日本ハムファイターズ

根尾選手を外すも単独で吉田選手を取れたことで100点満点のドラフトになりました。昨年の清宮選手に続き、有名選手を獲得できたことは、北海道の地域が盛り上がることを考えても良かったです。

その他、野村選手、万波選手、柿木選手と甲子園を騒がせた選手も取れたことで、同世代で刺激し合って数年後に活躍してもらいたいですね。

 

指名順 選手名 ポジション 所属
x 根尾昂 大阪桐蔭
1 吉田輝星 金足農
2 野村佑希 花咲徳栄
3 生田目翼 日本通運
4 万波中正 横浜
5 柿木蓮 大阪桐蔭
6 田宮裕涼 成田
7 福田俊 星槎道都大学
育1 海老原一佳 富山GRNサンダーバーズ

 

オリックス・バファローズ

当初から取りたいと言っていた地元関西の小園選手を外したのは大きかったですね。しかし同じ関西の太田選手を獲得して、坂本2世と期待されているので良かったと思われます。その後は即戦力投手を中心にとり、来期の巻き返しに期待できそうです。

 

指名順 選手名 ポジション 所属
x 小園海斗 報徳学園
1 太田椋 天理
2 頓宮裕真 亜細亜大学
3 荒西祐大 Honda熊本
4 富山凌雅 トヨタ自動車
5 宜保翔 未来沖縄
6 左澤優 JX-ENEOS
7 中川圭太 東洋大学
育1 漆原大晟 新潟医療福祉大学

 

千葉ロッテマリーンズ

何よりも藤原選手を3球団の競合から取れたことが100点満点のドラフトにしました。即戦力投手も獲得できたので、来期の投手陣の整備にも期待できそうです。

 

指名順 選手名 ポジション 所属
1 藤原恭大 大阪桐蔭
2 東妻勇輔 日本体育大学
3 小島和哉 早稲田大学
4 山口航輝 明桜
5 中村稔弥 亜細亜大学
6 古谷拓郎 習志野
7 松田進 Honda
8 土居豪人 松山聖陵
育1 鎌田光津希 徳島インディゴソックス

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

楽天は藤原選手を外すも辰巳選手を競合で獲得できました。ただ個人的にはスター選手の地元吉田選手を取らなかったことはもったいないという感じです。その後、即戦力選手を沢山獲得しているので、来季の巻き返しを図りたいところです。

 

指名順 選手名 ポジション 所属
x 藤原恭大 大阪桐蔭
1 辰己涼介 立命館大学
2 太田光 大阪商業大学
3 引地秀一郎 倉敷商
4 弓削隼人 SUBARU
5 佐藤智輝 山形中央
6 渡邊佳明 明治大学
7 小郷裕哉 立正大学
8 鈴木翔天 富山大学
育1 清宮虎多朗 八千代松陰
育2 則本佳樹 山岸ロジスターズ

 

まとめ 根尾選手の中日入れは大賛成

中日ファンではありませんが、地元である名古屋の野球が盛りがっていないことを危惧しています。しかし今年の松坂選手で盛り上げり、地元の根尾選手フィーバーが起こることを考えると名古屋が盛り上げることがすごく楽しみです。

高校生の3人で、11球団が競合するドラフトは、ドラフト史上でも稀な展開にワクワクさせてもらいました。2018年のドラフトも盛り上がったこと間違いないでしょう。2018年が終わると2019年の選手も気になります。

2019年のドラフト候補生をいち早くチェックしたい方は、こちらの選手もどうぞ。

 

【最新】2019年ドラフト注目の佐々木朗希(大船渡高校)!MAX157キロで大谷翔平越えは大阪桐蔭を断る
【最新】2019年ドラフト注目の佐々木朗希(大船渡高校)投手!MAX157キロで大谷翔平越えは大阪桐蔭を断る【最新情報】2019年のドラフト会議で指名される高校球児をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。大船渡高校の佐々木選手は、身長189センチと大柄な体格からMAX157キロのストレートを投げ大谷翔平二世と話題を呼んでいます。間違いなく2019年のドラフト1位指名選手です。160キロも夢ではありません。130キロ台のスライダーのキレ味も素晴らしく、まだ伸びる選手です。佐々木選手の特徴からエピソードを詳しくお伝えします。...
【最新】2019年ドラフト注目の奥川恭伸(星稜高校)!MAX150キロで抜群のコントロールは球界の宝
【最新】2019年ドラフト注目の奥川恭伸(星稜高校)投手!MAX150キロで抜群のコントロールは球界の宝【2018年11月10日更新】2019年のドラフト会議で指名されるであろう星稜高校の奥川恭伸選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。奥川選手は、2018年夏の甲子園初戦でMAX150キロを記録して世間を騒がせました。唯一の2年生としてU18日本代表にも選ばれました。持ち味は抜群の制球力に常に笑顔なところです。奥川選手の特徴やエピソードを交えて詳しく解説しています。...
【最新】2019年ドラフト注目の及川雅貴(横浜高校)!MAX152キロの本格左腕は菊池雄星の再来か
【最新】2019年ドラフト注目の及川雅貴(横浜高校)投手!MAX152キロの本格左腕は菊池雄星の再来か【最新情報】2019年のドラフト会議で指名されるであろう横浜高校の及川雅貴選手をどこよりも早く特集しました。野球の名言研究家であり出版経験がある野球の家庭教師が詳しく解説します。MAX152キロの及川選手は、2回の甲子園で登板をしており1年時にはベスト4の秀岳館相手に3回を0失点でMAX142キロのデビューをしております。大型左腕は菊池雄星の再来との噂も。特徴からエピソード、映像と詳しく解説しています。...

 

»関連記事:プロ野球・大学野球・ドラフト情報はスカパー!で決まり

 

RELATED POST